FC2ブログ

世には、目が見えるから、見 えないものがあり、目が見え ないから、始めからまる見え のことが、事実、ある ☆☆☆

  • 2018/10/15(月) 03:11:08

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、日がのぼる前から、雨がパラパラら、サァーシャーと降り、(日日是好日を見た影響だろうか、いつもより雨が、心地好く語りかけてくれたような気がする)、

昼からは、ちょっとだけ、うっすらと、はれてきて あとは くもり。

そんな天気のなか、秋華賞で、3冠のシーンを見れて少し感動☆

これから、有馬記念まで、ほぼ毎週、G1レースがあるので楽しみである。

夕方、ちょっとした集まりに招かれ顔を出した。

で、「森永のチョコフレーク」についての思い出ばなしをして、

みんな、笑い声がカスれるほど、喜んでくれた(過剰爆笑))))))))

終わってから、数名で、クジラの肉が食べられる店にいった。

そしたら、きのう観た「日日是好日」の映画の話をしてくれというので、ストーリーテリィングしてあげた。

実は、このメンバー、みんな目が不自由なのだが、

それぞれが、それぞれの理由で、なかには、今だに、どうして視力が無くなり続けるのか、現代医学の粋(スイ)を集めても解明に至っていないものまでいるのだが、

今は、そのメンタルハンデさえ受け入れ、まったく、気にしていないため、

とにかく、明るいのである。

彼らといると、目が利く、目が利かないなんて、ほんとに、
関係なく、フランクに語り合えるのは、いい語り合いとなる。

みんな、おつかれさん。

「ダイヤモンドの目ん玉落ちてたら、わりぃーけど、オレは、間違いなく売る!」(大爆笑☆)の精神を忘れやんように!(笑)


良き語り合いは、良き雰囲気を呼びこみ、良き雰囲気は、さらに良き質の「話の種」を呼びこんでくれる ・・・♪


288日目の名言は 
   
   ばらばらに見える行為も、自然に行われたものなら、
   なんらかの共通点を持っているものだ
                  ラルフ・ウォルドー   ◯                                                  
   ☆ジグザグに進んでいる船であっても、視点を変えて
    高い位置から航路を見渡せば、だいたい同じ方向に進んで
    いる。行動が「正直さ」から発せられる限り、細部に違いは
    あれど、根本的には共通点がある。この人の言動は、
    バラバラでよくわからないと思ったときは、ひとつひとつの
    行動ではなく、大枠で見なければ、見えるものが
    見えてこない。



  Good Luck (^o^)/

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2018/10/14(日) 11:30:06

☆☆☆☆☆☆

四つ葉のクローバーさん

書き込み おおきに◎

日本一の神社で、七五三を、してあげるんなら、

天の神も、文句いいようがないから、

四つ葉のクローバーさんも、旅行中、怒らんように、

笑顔の分、福が授かるっと思って、楽しんできてくださいな。

あっ
駐車場から、本殿まで、かなり距離あるから、途中で、息子がグズっても、男の子は、のちに自分の足で立たないといけないので、
グズろうが泣こうが、だっこや、おんぶせず、自分の足で歩かすように。
終わって、うどん食べさせて、アイスクリーム食べさせたら、たぶん寝てくから(笑)

ほな、良きお詣りとなる旅を (^-^)







 Good luck (^.^)

10月の寺子屋は  ☆☆☆

  • 2018/10/14(日) 11:16:03




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの江戸は、ちょっと寒い、くもり。

そんな天気でさえ、音が聞こえるような好日となった。

「日日是好日」の映画のチケットを、うちの寺子屋の優秀なA◯みちゃんと、ぴょろこがゲットしてくれてたおかげで、

封切り初日なのに、何の苦もなく、みなで観れた。

映画の中の武田先生役の樹木希林さんは、やはりスゴかった◎

1人の女性が、身につける所作に、茶道の所作が加わる演技に、魅せられてしまった。

魅了された映画を観終え、みなで、宝くじを買いにいき、

その足で 皆中稲荷神社に、お詣り。

みな、何を願ったのだろう。

みんなには、言わなかったが、この皆中稲荷神社、きょうのような

雨が降りそうで、降らない天気が、願いを届ける好日となると云われている◎。

次に、喫茶店に移り、日日是好日のなんたるかを、やさしく、

お茶を立てるように、説かせていただいた。

そんな時間は、時が、飛ぶ。

あっという間に、25年がたったかのように、時が飛んでしまったため、

場所を移し、さらに、仏語としての「日日是好日」を

各テーブルを大陸(世の中)でたとえ、
または、生まれ育った環境として、
受講生、それぞれの

今までの是(これ)が、今、きょうの自分(わたし)を立(つくっ)てきたと、もっとやさしく、思いやりをもって説かせていただいた。

わーい、と言って、落ちる者(大大大爆笑)、

「ねぇ、飛んでみて」と言って、妖気を放つ者の変わりに、飛んで落ちる者(超大大大爆笑)、

島から大陸を見てきた者(大大大爆笑)

この中の一番を目指しなさいと言われ、目指したら、さらなる高見の一番におもしろさを感じた者(大大大爆笑)、

始めから、別の大陸(テーブル)にいた者(大爆発大爆笑)

カーペットの裏に棲んでいた者(大大大爆笑)

みながみな、今いる大陸(テーブル)で、好日を見つけられるとこまでやってきた。

であれば、いっぱい好日を見つけ、たくさんの有無を味わう、
明るき人生(みち)を、日日、歩んで善き日を作ってくれればいい。

みんな、おつかれさん。

きょうのキーワードは、

「納得いかんわぁーという、おまえに、納得いかんわぁー」です(超大爆笑☆☆☆))))))))

きょう、善き好日になったのは、島の者のおかげである。

KW姉さん、ごちになりましたぁ(笑)


良き 好日は、いつも、自分の周りの自然(有無)が、訓えてくれている ・・・♪


287日目の名言は 
   
   ある種の経験は、ある個人の熟練を特定の方向に
   伸ばすかもしれないが、凝り固まった言動をとる傾向に
   陥りやすくすることにもなる
                   ジョン・デューイ   ◯                                                  
   ☆経験こそがすべてだ、とは断言しがたい事実がある。
    人は経験に縛られると、自分の経験が「一般的」であると
    錯覚することがあるから。経験至上主義は、思考停止や
    視野を狭くしたりする。くれぐれも限られた経験によって
    その後の可能性を自ら狭くすることのないよう、
    自らの経験を過信してはならない。


きょうの名セリフ
 「大陸(世の中)には、◯◯わかるものと、◯◯わからないもの」が
  ある。
  
  Good Luck (^o^)/

10月の寺子屋情報♪

  • 2018/10/13(土) 12:30:00

お待ちかね♪、10月の寺子屋情報です!
今回は映画「日日是好日」を新宿ピカデリーで観ます。

日にち:10月13日(土)
集合時間:12:30
集合場所:新宿ピカデリー、エスカレーターであがったチケット売り場の脇にある、パンフレットの棚の右側あたり
上映時間:13:00~14:50(シアター1)
各自で事前にチケットをご用意ください。
アクセス:
最寄駅=新宿三丁目より徒歩1分

映画鑑賞後、2時間くらい歩きながら、未来に夢を馳せるちょっとしたお楽しみを体験後、
場所を移動して寺子屋を行います。

予定に変更があった場合はその都度お知らせしますので、
ときどきブログをのぞいてみて下さい。
当日に追加情報が書き込まれることもありますので、
お手数ですが、おでかけ前のチェックも
よろしくお願いいたします。

今回、参加人数を把握したいので、
お時間があまりなく、申し訳ないですが、
参加をご希望の方は、
下記の「コメントを書く」を選択していただき、
続いて、「本文」欄を選択して、
「10/13寺子屋参加」の文字と人数を書いて
「投稿する」を押していただけるとありがたいです。
その他の欄は、書いても、書かなくてもかまいませんが、
「ニックネーム」欄にも記入があれば、うれしいです。

できましたら、10月12日(金曜日)の朝8時までに
ご記入いただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

例)
トリック・オア・トリート
10/13寺子屋参加 2名

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
11月の寺子屋はお休みをいただきます。
そのかわり、12月は8日と22日の2回を予定しております。
よろしくお願いいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


※江戸寺子屋の様子は、次の日のブログにアップされますので、
興味のある方は、チェックしてみて下さい。
これまでの歩みは、リンクのコーナーにある
「江戸寺子屋略年譜 2008年~2017年」
をクリックしていただくとご覧になれます。
今年、その略年譜をリニューアルし、新たに
「江戸寺子屋略年譜 2018年~」
としてアップしました。
月毎の内容をコンパクトに、その雰囲気までも伝えてくれるデザインは、
「子どもは、ハジケた笑顔がいちばん!
(ブックドクターあきひろの絵本の力がわが子を伸ばす!2)」
の装幀を手がけたももさんです。
ときどきクリックして、お楽しみください。

ほんとに、我が子のた めになることを、母の わたしが、実践してあ げなきゃ、ね ☆☆☆

  • 2018/10/13(土) 05:21:01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの甲斐の國は、くもりのち はれのち 夕方くもり。

そんなおり、昼から、キッズやつしろにて、お母さんたちと、おはなし。

このキッズやつしろには、毎年、寄せてもらっている。

どの家庭にも通用する子育ての指南書は、世界中どこを探してもない。

我が子が、2人授かって、上の子と、下の子に、通用する子育ての
指南書もない。

でも、子育てに関する本、雑誌が次から次に、さも指南書があるかのように錯覚する事実は、世に溢れている。

そんな、あたりを、ここのお母さんたちに、指南書はないけど、

今のわたしは、言葉もろくに話せない我が子に、もぅーっと言って、

ヽ(`Д´)ノプンプン顔しかみせてやれてないんじゃないのか?

そんな母が北海道から、沖縄まで、わたし以外にも、何万人といる。

なんで、かわいいはずの我が子に、良いことは なにか、育児雑誌を見て、
朝昼晩と、母のわたしの笑顔を毎日、ことあるごとに見せてあげることは、良いことって言われていたり、書いてあるのに、
わたしの実際は、笑顔ではなく、不機嫌な顔、怒った顔、イラっときた顔をしょっ中見せているのではないか、

また、それも、母のわたし以外にも、世には、何万人もいる事実。

赤ちゃんを授かった他の母たちみんなも、わたしと同じく怒り顔の方が多いのか、良かった、わたしだけじゃない。

安心材料としての解釈を、何万人もの子育て中のお母さんがしている。

そんな都合の良い解釈をしている母であるわたしの日々の態度は、
ほんとに我が子のために良いか? 
その子育ては、ほんとに正しいのか?と

楽に、我が子のためになる良い子育ては、なかなかないということに、気がついてもらえるよう言魂を飛ばさせていただいた。

みなさん、我が子を育ててゆく上で、もぅーっより、

母のわたしの笑顔を、朝昼晩、毎日、◯◯年見せてあけてやってあげてください。

間違いなく、みなさんが、求める、我が子のためになる「良いこと」です。

ではでは。


良きことでも、ほんとに我が子のために良いことは、母のわたしにとって、ほんとにエネルギーがいることばかりなのである ・・・♪


286日目の名言は 
   
   動物は、しばしば情熱的な 機械のように見える
                  エリック・ホッファー  ◯                                                  
   ☆「動物的」という言葉と、「機械的」という言葉は、
    しばしば逆の意味で使われるが、そこに、「人間的」という
    言葉を思い浮かべると、
    動物よりは、「理性的」で、
    機械よりは、「情熱的」というニュアンスを含む程度の差で
    ある。


  Good Luck (^o^)/

自分に自信がない のに、刷り込まれ た「正しいとされ ること」には、わた しは、そんなこと はしてこなかった という、その1点 に自信を持つから、 邪気まるけになる 。ほんとは、ただ 、ビビって、した くともできなかった 弱さが、邪気のエ サになるから、次 から次に、邪気が 寄ってくる ☆☆☆

  • 2018/10/12(金) 04:29:03

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、ほとんど くもりで、たまに、雲間から、日がさした。

そんなおり、新米ママたちの
「あきひろ大権現様に、お叱りを受けよう」の会に、降臨した(笑)。

みな、赤ちゃんを託児ルームにあずけ、

上は、白の服着用、下は、赤ならジャージだろうが、赤パンだろうがかまわないが、赤着用、そして、みな裸足で参加してもらった。

そして、一人づつ、「邪」が、くっついてくる原因を、お告げさせていただいた。

ある、邪気まるけのママには
「あなたは、自分は、めんどくさがりのくせに、そこを今のダンナに、いいよオレがやるよって言ってくれるようになって、年々、邪気が貯まった形です。ちゃんと、めんどくさがらずに、家のことをしないと、特に、洗面所が汚いのは、あなたがキレイにしないといけないんですもの」と言うと、あまりにも、心に、言魂剣が深く突きささったのか、目から一気に涙があふれ、こうべをしずしずと垂れた。

また、別の 邪気が身体に巻きついたママには
「あなたは、子どものころ、4年生ぐらいから、自分が悪いとわかっていながら、それ以後、なんじゃかんじゃ何か、そのとき頭に浮かんだだけの言葉を半ギレ状態で言うことで、素直にごめんなさいと、言ってこなかったのが元で、太い邪気が、巻きついているので、今後は、まず、自分が悪くなくても、すぐごめんなさいと言いなさい。でないと、あなたの大切な人にも、あなたの邪気が、別の邪気を呼んでしまう恐れが高いので、とにかく、あやまるんですもの、を肝に命じなさい」と言うと、

「あぁーうわぁ、ほんとに、ごめんさない、怖い、ごめんさない、ほんとに、ごめんさない」と、思いっきりビビった表情になり、ハッとなって しずしずと、こうべを垂れた。

もぅ一人は、邪気が、さざえの殻のような形のママで
「あなた、高校ぐらいから、自分がしてあげたことに、お礼の言葉か、なんらかの、あなたに「ありがたさ」を表す見返りがないと、かなり家に帰って、不満をつのらせてきたでしょ。それが元で、邪気が、あちこち突起してるんですものね。これ、あなた、相手様になにかしてあげることを美徳と思ってる、そんな思い違いをしてますね。本来、人は、一人でいきられないから、人に、なにかお願いしたり、頼んだりするときが必ずきます。そんなとき、力になってくれる人が現れてほしいと、心のどこかで願っています。その肝心なとき、力を貸してくれたり、助けてくれる人に恵まれるためには、なんにもないときから、人に、優しく、明るく、自分ができる範囲で、なにかしてあげられることがあるなら、してあげたって別?!
?困る
こともなし、それなら、この相手様に、今回は、させていただこうかしらと、させていただく行為であり、それを、仁徳と言います。美徳は、なにもしていなくても、してあげたいなぁと想像できるだけでも、美徳となるので、解釈をあやまらないで、ほしいんですものね。そんなあなたは、これから、できないことは、できない、できることでも、ここまでなら、できると、言える 勇気をもちなさい。でないと、みんなが、あなたを、おせっかいなだけの人と思って、周りのみんなはもちろん、家族でさえ、心が、だんだん離れていくんですものね、ご注意を 」と言った瞬間には、
ただ、こうべを垂れ、肩をふるわし、泣かれてみえた。

最後に、
「みなさん、ごくろうさまでした。ただ、注意すべき点を、おのおの心して実践してください。
そして、今一度、みなさんに、注意しておきます。

これは、あくまで「会」であって、決して、宗教ではないので、間違えないように」(超×10=大大大(泣)大大大爆笑☆☆☆)))))))

邪ユキ、おつかれさん。

とりあえず、おまえが、だまって、クツをそろえろ(笑)

そして、「いのりなさい」(大大大爆笑)


良き涙は、今までの、ズルイわたしを、川面に浮かぶ葉っぱのように、流してくれる  ・・・♪


285日目の名言は 
   
   与えることは犠牲を払うことだから美徳である、
   と考えている人もいる。そうした人たちに、言わせると、
   与えることは苦痛だからこそ与えなければならないのだ
                  エーリック・フロム   ◯                                                  
   ☆相手に何かを与えることに対し、自分が犠牲になることでと
    考える人がいる。でも人に与えることで、「犠牲」どころか
    自分が「満たされること」がある。これが味わえるだけで
    十分。だが、行きすぎた自分を宿している者は、「自分を
    犠牲にしてでも相手に与えること」を美徳だと思い、
    自己犠牲の精神を神聖化して過ちを冒しやすくなる。


  
  Good Luck (^o^)/

きょうは、夜型に、 切り換えるのに もっ てこいの、心に沁み る夜となった ☆☆☆

  • 2018/10/11(木) 02:37:03

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、半そで1枚で、ちょうどいい はれ。

そして、夜が来るのが、早くなった。

きょうは、とくに、夜が来るのが早かった。

夜型ゆえ、夜が、長くなるのは問題ないが、

その分、また、夜の移動が続く季節がやってきたな、と思う。

そんな夜、2度あることは3度あるの、3度目の恋ばながやってきた。

行きつけの、おふくろの味を出してくれる、◯◯亭のおかやんから、

「倫ちゃん、悪いけど、42になるT◯子のことで、聞いてほしいことがあるんだけど、近々、寄ってくれる日はないかぃ?」と、

3日前に連絡があり、「あさって、寄らさせてもらうわぁ」と言っていたので、お店に顔をだした。

すると、77ちゃいを迎えるおかやんが、42ちゃいになる娘を、お店に呼んでいた。

42ちゃいの娘となる、T◯子は、ぼくが、30才ぐらいで、
放送作家のおいちゃんに、初めてお店に連れていってもらったとき、

その日、手術をして退院してきたおかやんは、2ヶ月ぶりに、
お店を開ける日で、
その日は、おかやんの見舞い客で、いっぱいになるからと、
おかやんから頼まれて、お店にT◯子が手伝いに来ていたときから、よーく知っているのもあって、

個室のふすまを開けるなり、「倫ちゃーん」と、バグってきたので、

パシッとデコピンして「T◯子ぉ、おまえ、何やらかしたんじゃ?あの人生のいろはを知ってる おかやんが、電話して来るってことは、よっぽどのことやど?」

「イタぃー。してないよ。ただ、ちょっと、ウフッ」

「ちょっと、なんやねん?」て言うてたら、おかやんが、割烹着脱いで、母の顔になって、部屋に入ってきた。

事情を聞くと、T◯子が、9才年下の男と結婚を前提におつき合いしたいと言われ、

おかやんとしては、1度失敗している娘を思って、いかがなものかとのことだった。

「おかやんは、その男と、もぅ逢ったことあるの?」と聞くと、

向こうが、T◯子さんとの関係は、真剣だといいたげに、8月末ぐらいから、しょっ中来るようになり、きょうも、来るかもしれないとのことだった。

おかやんの心配の根っこは、T◯子の若づくりで、今は、いいけど、

前も、5つ下で、T◯子が泣くことになっているだけに、

また、年下、そして、今度は9つも下で、うまく行くんだろうか?とのことだったので、

「おかやん、おかやんは、前の銀座に店があったときから、名だたる有名人に、おふくろの味を振る舞ってきて、客を観てきたやろ?、その眼力から、その彼氏は、どんな感じに見えてんの?」と聞くと、

「それがさぁ、もぅ、今は、筋とか、男気とか、吐いた言葉に二言はないって男士(おとこし)さんがいないでしょ。そりゃ、そこそこの顔立ちだし、ものごしは柔らかだけど、だからって、生活していくだけの
力を持ってるかまでは、今は、ほんとにわかんなくてさ。そこへ行くと、倫ちゃんは、いつも、的確に人を観ぬくし、しがらみなく、T◯子がほんと、小娘のときから、ここを注文せぇーって、わたしが言えないことをズバリ言ってくれて、好き嫌いの激しいこの子が、倫ちゃんから、言われたことは、不思議に聞いてたから、もぅ、倫ちゃんしか頼る人がいなくって。わたしは、もぅ、どうなってもいいんだけど、あと、この子だけ、しっかり女があがってくれりゃと、もぅそれだけなのさ」(江戸前でいう、女があがるとは、腰を据えて、多少苦しい生活でもそれさえ受けいれ、生活を工面していく女になること。少々のことで根をあげない伊達でいなせな嫁の意)

おかやんの話しを聞かず、彼氏が来てくれないかなぁと気もそぞろのT◯子に

「T◯子、今、おまえの話しをしとんねん。携帯イジって何をしとんねん」

おかやんが、「こういうとこが、わかっちゃないね、ほんとに。倫ちゃん、わたしは、ほんと、この子に、しつけなきゃならない言うべきことを言えなかったことが、一生の悔いだよ。自分が情けないよ」と、言った瞬間、

T◯子が、「きたっ」と言った。

その後、おかやんと、T◯子には、部屋を出ていってもらい、

その彼氏と、おはなしした。

結果、結婚していく上で、何を大事にするか、何を大切に思うかの点と、

34年、男として生きてきて、自分の弱いとこ、ダメなとこなど、自分の見つめ方に、まだまだ、幼い考えを持っていた点が浮き彫りになり、

お店が終わってから、彼氏本人がいる前で、T◯子と、おかやんに、

ぼくが、感じたまま言わせてもらった。

若い2人の支え合う期待値と、彼氏の、のちに必ずくる現実を見据えたときの、まだ、幼いことを思っている怖さを、親父ごころをもって、告げさせてもらった。

そしたら、みんな、なぜか、目を潤ませてた。

T◯子と彼氏を「二人で、きょう言うた2点でええから、人生かけて真剣に語りあってみぃ」と言って、先に帰し、

おかやんと、おかやんと44年、一緒に板前をやってきた 包丁の丁さんと、3人で、

若いやつぁと、やれやれ居残り会となった。

おかやんが、なんども「倫ちゃん、ほんとに、わたしの親としてなんにもしてない尻拭いさせちまって、ごめんなさい。でも、ほんとに、助かったよ。ありがと」と。

「おかやんには、若いとき何度も、腹ぺこのオレを満腹にさせて、世話になってるから」

丁さんが「いや、倫さん、おかみが、人に、もの頼むのを見たのは、長くいますが、3人しか、しかも、T◯ちゃんのことで頼むのをみたのは、初めてだよ」

最後の最後に、人にものを頼むのに、泣いちゃいけねぇと、目を真っ赤にうるませて、
「ほんとに、倫ちゃん、もし、うちに何かあったときは、あの子、どうか、ずっと叱咤してあげてください」と、

樹木希林とは、また、ちがう魅力を放ち、

鮮やかな、江戸前の女あがりの、あったかい母の姿を魅せてもらったのが、心に沁る夜となった。


良き母の念いとは、息子、娘といえど、それを言っちゃあおしめぇよと言うセリフを、我が子を愛すればこそ 飲み込み、飲み込んでこそ、わたしの子だから、きっと、わかってくれる、と確信して伝えようとする「粋」があってこそ「念い」となる  ・・・♪


284日目の名言は 
   
   恋愛や結婚や交際において 幸福と不幸を決定するひとつの
   最も重要な要素は、各自の健康における
   極めて個性的なものである
                         三木 清  ◯                                                  
   ☆恋愛や結婚において、万人にあてはまる「幸せの条件」は
    世界中どこを探しても見当たらない。なのに、人は
    世間一般に流れるその時代による「幸せの形」から
    ハズれると、自分は不幸だと想いがちである。
    これは大間違い。自分にとって心地よいと思える水準を
    設定し、世間一般水準ではなく、自分水準にあった幸せを
    求めればいいのである。

  
  Good Luck (^o^)/

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2018/10/10(水) 03:19:07

☆☆☆☆☆☆

ゆきんこ、

書き込み おおきに◎

ゆきんこの日常に、タイムリーな言葉をうたえて良かったわぃ。

オレ、出羽三山の月山で、今年は、雲間から、仲秋の名月に出逢わせてもらってから、

新たな感覚に包まれてて、

今、新たな まったり感覚のまま、人間界に溶けこんでる、

あやかし、妖怪、魔物、ゾンビ、怪獣にも逢えて、

前なら、退治しようとしてたんやけど、今は、

そんな素獣たちにも、

人の心の奥底に、神様が宿してくれてる

あったかい「芽」を、まったりする月光のような言魂で、

発芽させてやれる手応えがあるレベルに達した感があるからか、

ここんとこ、恋愛相談や、自分自身を好きなになるのにどうすればいいのかっていう連中を、

この まったり感覚が呼びよせてしまってるのも、ええ証しで、

どうも、より、くそじじぃー化に伴い、すげぇ能力を

出羽の神々が、オレに授けてくれた感じがする。

まぁ、ゆきんこも、来年、雑念なく弥彦山の霊山に登って、

山の神に、取るべき「邪」を、一歩づつ、取ってもらいなさい。


それまで、くるくる◯ーなわたしが、なにを偉そうに人に言えることがあるか、よーく見つめるこっちゃ(^-^)



 Good luck (^.^)

好きな相手を良く見て、悪いと こも含め、自分は、その人が好き かどうかを、自分で決め、決め た自分を忘れないこと  ☆☆☆

  • 2018/10/10(水) 02:33:02

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、くもり のち はれ。

ぼくが、晴れと、漢字で書くときのイメージは、白い雲は、雲として空にくっきり浮かび、
その奥に、くっきり青空が広がっているとき。

きょうの、はれは、少し異なる、はれ。

ひらがなで書くイメージの、はれは、
薄い白い雲が、青空をさえぎっていたり、青空をすかしていたり、
宇宙に通じていると感じられない青空の青さであったり、
雲が、しょっ中、お天道様の光をさえぎったり、
お天道様の光を鈍くしたりするときの はれは、ひらがなとなる。

どうでもいい話してしまったが、そんな はれの中、

また、恋愛相談の場に、巻き込まれた。

最近は、やっと結婚できた、
やっと我が子が授かったという女性が増えた。

その女性たちの多くが、生まれて、まだ数ヶ月の赤ちゃんを抱えたアラフォーである。

そんな新米お母さんたちの会に呼ばれ、

つい最近まで、お腹の中にいた赤ちゃんの脳には、生まれ出でてから、約1年2ヶ月は、
できるだけ、母親の笑い声の中で育てること、
笑いが出るほどの明るい雰囲気の中で育てることが 爆発的健康的優良的脳発達をするからと、
大笑いしていただきながら、聞いていただいた。

そのあと、おいしいコーヒーを淹れてくれる喫茶店ができたので、いきましょっと、
リーダーの自称 中村 アンこと、中村 ダダと、その怪獣仲間たち4獣で入った。

そのとき、ダダが、
「あきひろさん、この子、今、婚約してて、2ヶ月後のクリスマスに結婚式を控えてる R里ちゃんっていうんだけど、さっき、あきひろさんが、おまえ、顔は幸せそうやけど、オーラの形は、まったく幸せそうな形じゃないっていったでしょ、もぅ、ビックリしちゃって、わたしも、相談にノッてきたんだけど、なんせくるくる◯ーだから、的を得たこと言えなくて・・・」と言ってきたので、

「コーヒーも飲んでないのに、先に、相談に乗れってか、ダダ!ウルトラビームで、おまえ、溶かすぞ!」(爆笑)))))

その後、コンクールで準優勝するだけの かなり美味いトラジャをいただき、かなりごきげんになったので、
R里ちゃんが何を悩んでいるのかを聞いた。

「わかった。そのこたえがほしいなら、◯万いる。でも、料金が発生せんこたえも言える。どっちがええR里ちゃん?」

すると、周りのダダ、レッドキング、メフィラス星人、バルタン星人らが、「ほら、今なら、なんでもこたえてもらえるから」とか、「あきひろさん、こう見えて、コワくないから」とか、おばはん特有のおせっかいセリフが出たので、スペシューム光線で黙らせた(笑)。

結果、料金を払うというので、別の席に移り、急きょ、「心の窓」をしてあげた。

R里ちゃんとの話しのあいだ、ダダら怪獣たちは、待っていなくていいのに、怪獣ばなしで盛り上がっていた。

終わってから、ダダらの席に戻ると、怪獣たちから
「なんか、ガラっと雰囲気、変わったね?」
「あきひろさんに、心、犯されたの?(笑)」
「なんか、スッキリしたって感じ」
「ウルトラマンに、救ってもらえたって感じね」とか、R里ちゃんが
怪獣らに、はやしたてられてたので、

「R里ちゃん、あのまんまのR里ちゃんなら、まちがいなく、未来、こいつらみたいな怪獣になってたでぇ」というと、

「わたしも、そう思います。あっ!?」

ちょっとR里ちゃん、どういう意味?((ダダ)(笑))

そのあと、R里ちゃん、めっちゃ声がでるわ、めっちゃ話すようになったわ、めっちゃ笑ってたけど、

R里ちゃん、怪獣たちから、できるだけ離れなさい。

でないと気がつかんうちに怪獣になってしまうから。

もし、怪獣になったときは、
オレのウルトラスラッガーで、「邪」、もろとも切られにきなさい(笑)。

ダダ、おつかれなぁ。というか、おまえ、デッカイ貸し1な(笑)。

おまえら無駄に、町に出るなよ、 ほなな(笑)◎


良き「好きな相手への思い」は、今はなき、樹木希林さんから学ぶこと多し。
自分が、どれたけ惚れているかを自分が自覚し、その自覚している量に応じて、ガマンから、涙するあったかい愛情までを、薪をくべて、愛情の火を、たやさないように、自分が調整しつづける「思い」のことをいう  ・・・♪


283日目の名言は 
   
   愛する(アマーレ)というのは、欠乏を補うためでも
   実益を求めるためでもなく、ただ愛する(アマーレ)ものを
   大切にする(ディーリゲレ)ことに他ならない
                        キケロ   ◯                                                  
   ☆友情も愛情も、その本質は相手をただ大切にすることにある
    それを有益性の何かで関係を持とうとする人がいる。
    その関係では、何か一つ、自分にそぐわない不都合が
    起きると、たやすく切れてしまう。真の関係は、自分に
    そぐわないことでも、友や、好きな相手のためなら、
    できなくとも、できるだけのことまでやってあげようとする
    関係を、こちら側が持っているか、ただ、それだけである。


  
  Good Luck (^o^)/

情熱は、注ぐべき方向に、 注がないと・・・ ☆☆☆

  • 2018/10/09(火) 03:10:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、ずーっと、うすぐもり。

きのうみたいに晴れないかなぁーと思いながら、
八丁堀へ。

八丁堀に着くと、j也が迎えに来てたいた。

j也は、小さいころジュニアモトクロスの選手だったが、練習中に転倒し、
救急車で運ばれ、生死をさまよう大手術をし、無事、命は助かったものの、バイクには乗れない体になった。

それでも、リハビリをつづけること11年、なんとか、自転車をこげるまでになった。

そんなj也が、数年前、葛飾八幡宮にお詣りに来ているとき、

知人を通じて、このおっさんと出逢った。

しばらくして、自宅でも、楽しめるアートアドバルーンとやらにハマりだした。

j也は、一旦ハマると、情熱を持って、それに取り組むのだが、

いかんせん、その情熱を注いでいる最中は、人に対して、

命令口調になったり、急に怒りだしたり、なんらかの難がでてしまい、

結果、周りの人たちが離れていき、心の悩みを抱えるようになった。

そんなj也が、春に、今年度の体育の日に、個展を開くので来てほしいと連絡してきた。

というわけで、j也の個展を見に行ったわけであるが、
個展は、開かれていなかった。

しかたがないので、平謝りの j也と、喫茶店にて、人生相談となった。

邪気まるけのオーラをやどしていたので、近況報告を聞かずに、

「で、j也、これから どうしたい?」と聞いた。

どのこたえも、一人よがりだったので、

「それじゃあ、きょう、j也からの頼みやから来た、オレも、おまえの頼みをちっとも聞かんヤツらの中に、入るんかぁ?」

「・・・・・・」

「おまえの言い分は、すべて、自分自身の中で創った理想の人が、おまえのためになることだけを言うてくれたり、してくれたりする言い分やな。それじゃ、人は離れる。なぜなら、人は、自分がいろんなしたいことをしたくてもせずに、人に、気を遣って、したくもないことをたくさんしてるわけや。そんな中で、おまえみたいに、怒りながら命令するヤツの、なんで言うこと聞かなあかんねんって、なるわな」

「でも・・・、あきひろさんは、こんなオレでも、来てくれたじゃないですか」

「まぁな、超が10コぐらいつくほど、圧倒的明るいくるくる◯ーやからな、オレわぁ。j也が、やらかすくるくる◯ーなことは、小学校の低学年で終わっとるから聞けんねん。一般の人は、くるくる◯ーにならんとこって生きてきてるわけやから、おまえとか、おれとか、そりゃ普通なら、逢いたくないやろ、がははは」とか言いながら、

最後には、j也に
「オレ、ほんとに、くるくる◯ーなんですね。くるくる◯ーのオレが、人になにかやってもらうのに、命令口調じゃ、そりゃ、やってもらえることも、やってもらえないですよね。なんか、まだ、頭の中、ぐちゃぐちゃだけど、自分が、くるくる◯ーってことだけはわかりました」と、くるくる◯ーであることは、わかってもらえた(笑)。

少しは、ものの頼み方が変われば、人との関わりも変わることでやろね。

j也、「明るさ」に、持ち前の情熱を注ぐように・・・☆


良き 自らの捉えをすることが、自らを、一歩前に進ませる ・・・♪


282日目の名言は 
   
   激しい情熱の持ち主は、たいてい思いやりに欠ける人である
                 エリック・ホッファー   ◯                                                  
   ☆人への思いやりの気持ちは、それまで自然に無理なく
    その人の穏やかな精神の現れの一部である。
    激しい情熱を燃やしてもかまわないが、情熱を宿している
    ときは、自分の内なる声がデカくなりやすいので、
    他人を思いやれる自らの心の声をキャッチしにくくなる。
    つまり、人を思いやれる心の状態を、自分の情熱のせいで、
    自ら欠けさしてしまうのである。

  
  Good Luck (^o^)/