FC2ブログ

飛び出してきた本に訓え を授かる ・・・☆☆☆

  • 2020/05/17(日) 04:01:10

きょうは、今年、最初の台風1号が、前線を刺激したらしく、

空は グレー 一色となり、水滴を落としてきた。 

本を読み終え 本棚に その本を差し込み、

変わりの本を 引き出そうとしたら、

となりの本の表紙が、湿気で、くっついていたのか、

一緒に飛び出してきた。

「ん?これも、縁か」と思い、その本を 読んだ。

その本は、臨済宗の祖 栄西の本だった。

栄西は、先月、コロナ終息の願掛け詣りにいった、

岡山の吉備津神社の神官の家に生まれているのだが、

家庭内には、神道の訓えがある中で育ち、

その内面的感覚をもとに、仏の訓えを学び、

のちに、京の都に、建仁寺を開き、

その建仁寺で、多くの説法をした 禅僧 である。

その本のなかには、当時、食べものがない飢饉に、京の都が襲われたときのことが書いてあり、

それは、このコロナショックの今の世の人たちにも通じるもので、

人が、苦しんでいるときほど、その人の心に、仏がいるか、いないかがあらわれる、と 弟子たちにいった。

その真意は、人が、ワラおもつかむ気持ちで、仏さまに救けを求めたなら、その人の心が仏をつくり、

その心が仏をつくるのであれば、心をもって 心でこたえることこそ、

仏のあらわれである、と。

縁あって、飛び出してきた本の栄西に、あらためて訓えを 授けていただいた。

     
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 138 は…  (^∀^)

☆聖エリック
この聖人は、キリスト教を公認し、「エリック王法典」を残したスウェーデン国王で、スウェーデンの大守護聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:スウェーデン)
(この聖人のゆかり:キリスト教徒の国王として、貧者や女性の保護と地位の向上に努めた。息子は、聖人カヌート)

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2020/05/16(土) 13:38:01

☆☆☆☆☆☆

白ゴマぁ

書き込み おおきに。
 
なかなか手に入らん 鬼滅の刃20巻を読んだとは、

なかなか関心、関心(笑)。

ようやく咲いた花を、大事にするのも 修行のうち。

次、朝、玄関あけて、2羽のカラスがおったら、

「きょうの任務は、なんですか?」って聞いてみ(笑)

それは、あの良寛が 子どもたちと触れあったときにいった話しと同じく、

カァーって鳴いて 飛びたっていったなら、

それは、まだまだ 「こだわっているもの」があるということ。

鳴かずに飛びたっていったなら、

それは、
「今一度、きょう、これから行動を起こすとき、
あわてることなく、心しずかに、おちついて行動しなさい」とのお告げと思うが よろし(笑)。

きょうという1日に、さまざまなことを、勉強させていただきなさい☆

Good luck (^.^)

安心ウィルス ・・・☆☆☆

  • 2020/05/16(土) 03:33:04

39県に 「宣言」解除が出され、きょうは、あちこちから、連絡があって、

「あきひろさんの声 聞くと ものすごく安心します」
「鬼滅の お館さまの声みたいに ふわふわして、なんか安心しちゃた」
「神様のおしえをいただかないと安心できないんです」
などと、言われた。

こんな ダミ声の おっさんの声で、安心してもらえるなんざぁ、
ガスの もと栓を閉めるより、たやすいことである(笑)。

そこで、そう言ってくれた お母さんたちには、

「オレの声で安心なんかしててどないすんねん。
ほな、おまえは、お母さんの声を聞くと、ものすごく安心するって、我が子に言うてもらってるかぁ?」と訊くと、

「えっ、それは、まだ 言われてません」
「いえ、うるさいって言われてます」
「ごめんなさい、神様ぁ、まだまだです」
「わたしの方が、子どもに安心させてもらってます」
「自粛のあいだ、ダンナから、おまえのキンキン声聞くと、コロナにかかりそうって言われました」
「安心させてあげられていないから、あきひろさんに連絡したんじゃないですかぁー(笑)」など、

多くのお母さんたちは、自粛のあいだに、
「うちの子を、わたしが 安心させてあげられることってなんだろう」というテーマをかかげ、取りくもうとはしていないようだった。

それぞれのお母さんには、

愛情ある喝を入れがてら、
言霊を「温情」という お盆にのせ、
愛情ある試練を、与えてさしあげた(笑)。

モーリス・センダックの
「かいじゅうたちのいるところ」に出でてくる お母さんのように、
我が子が、安心して、想像の世界に飛びこんでいけるような
「安心感」を与えられる お母さんが、

コロナを一気に終息させるほど、安心ウィルスで

この令和時代、我が子を感染させてあげてほしいものである◎


     
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 137 は…  (^∀^)

☆聖パスクァル・バイロン
この聖人は、スペインのフランシスコ会の修道士で、聖体への篤い信心と、数々の奇跡で知られる聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:羊飼い、料理人、聖餐式(せいさんしき)、聖餐兄弟団、イタリア女性)
(この聖人のゆかり:羊飼いをしながら神学を学び、24才でフランシスコ会に入り苦行に励み、毎日聖体の前で過ごし、この聖体への篤い信心は規範となり、病人を治癒させ、死者をよみがえらせたり、数々の奇跡を起こした)

書きこみ ありがと うございます ☆☆☆

  • 2020/05/15(金) 23:40:02

☆☆☆☆☆☆

こぞうっ

書き込み おおきに。
 
ほんまやなぁ、ちょっと、花があるだけで、

心に、ほどよい和ごみを 花から もらってるみたいやからな。

花は、語りかけてあげると、

いつもより長くもってことやから、

その黄色いバラに、語りかけてあやぁ☆

Good luck (^.^)

すがすがしさに 導 かれ ・・・☆☆☆

  • 2020/05/15(金) 03:33:04

きょうは、昼から、雲は多目だったが、すがすがしい日となった。

湿気がない日の はれ は、新緑の葉に 太陽の光があたると、

葉も輝いて ごきげんに感じる◎

そこに、やわらかな風が、光る葉を なでていくたび、

キラキラした葉が ゆれる。

これを、昔の人たちは、「風光る」と 表現した。

なんと、すてきな 表現だろう。

今の 政治家や、テレビに出ている人たちの口からは、
到底、飛びだすはずもない 言葉 である(笑)。

すがすがしさを感じながら、散歩がてら コンビニまで、アイスコーヒーを買いに行き、

アイスコーヒー片手に 歩いていると 

一軒家と、マンションのあいだの細い道わきに、

ちっちゃな道祖神様の おほら を見つけた。

道祖神様に、丁寧に ごあいさつ。

目をつぶって、祈願しているあいだ、風が 首すじを 触れていった。

そのあと また 歩いていると、小さい店舗の 花屋さんを 見つけた。

オレンジのガーベラがあるかなぁと思いながら、店のなかに入ると、

店に、風っ子が入ってきて、一輪の黄色い花をゆらした。

その花をみると、ひまわりのようだけど、ひまわりじゃない花だった。

なんちゅう花かなぁと思っていると、30代半ばぐらいのピンクと白のストライプのエプロンをつけた女性が、

「きょう入った、サンビ☆-◯&#、キレイですよね」って声をかけてくれたので、

「うん、キレイやなぁ。今、自分、この花、なんていうたぁ?」

「サンビリーバブルです。キク科の花です」

「へぇー、花言葉はぁ?」

「ごめんなさい(笑) それは わかりません(笑)」

「そうかぁ、わからんかぁ、そりゃしぁない(笑)。 
でも、この花の花言葉が、すがすがしさ やったらええなぁ。
きょうの天気に ぴったりや。
ほな、これ、3本 ちょうだぃ」

夜、サンビリーバブルを、テーブルに飾り 

かちわり氷たっぷりのアイスコーヒーを飲みながら、

タバコをくゆらせ、

本の世界を 味わう キュンキュンの おっさんで あった(笑)。


    
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 136 は…  (^∀^)

☆(冒険旅行家の)聖ブレンダヌス(ブレンダン)
この聖人は、アイルランドの司祭であり、修道士であり、更には冒険旅行家であったとされる聖人。
◯属性:くじら
(この聖人が守護する対象:捕鯨家)
(この聖人のゆかり:アイルランドのトラリーで生まれ、女子大修道院長だった聖女イタに育てられた。神は「清き心からの信仰、質素な修道生活、キリスト的博愛精神」を愛し、「渋い面、頑固な悪意、金銭欲」を最も嫌うと教えられたため、司祭になると、多くの修道士たちにその教えを指導した。「聖ブレンダヌスの航海記」の本に描かれ、旅の途中、ブレンダヌス一行が島に上陸し、ミサを行い火を焚いたところ島が動いた。その島はくじらだった)

333 ・・・☆☆☆

  • 2020/05/14(木) 03:34:11

きょうは 夏日だった。

本来は、この暑いなか マスクをつけて出かけることは ない。

なのに、町行く人たちは みんな マスクをつけていた。

この おっさんには 無理やなぁ。

半袖 半ズボンで 自転車に乗り コンビニで、

アイスコーヒーのMサイズをゲットして、

穴場の公園まで行き、木陰のベンチで 2冊 本を読んだ。

この季節の木陰は、天然クーラーの気持ちいい涼しさがあり、
2冊目の「カルテ」という本の世界とリンクした。

読み終えたとき、なぜか、無性に モスのコーヒーシェイクが飲みたくなり(笑)、

モスにつくと、ラッキーなことに、お客は、このおっさんだけ。

注文カウンターまでいったとき、レジわきに おいてある電子時計が、

ちょうど pm3:33 に変わった。

たしか、333のエンジェルナンバーは、

天界にいる存在者と一体となるって感じの意味じゃなかったっけ、と思いながら、

店員さんに、コーヒーシェイクのSサイズを注文した。

しばらくすると、「お待たせしまたぁー、コーヒーシェイクのMですね」と、店員さんが言ったので、

「えっ」と思って、店員さんを見ると、目が合った。

すると 店員さんが、
「あっ、Sでしたね(笑) もし、このままで よろしかったら どうぞ」と、言ってくれたので、そのまま、テイクアウトした◎

うわぁー、めっちゃ ラッキー。

コーヒーシェイクを飲みながら、

キーコ、キーコと、小道の自転車ドライブ も なかなかオツなもんである。

きょうも、ラッキーな好日を授けてくださり、

天界に棲む みなさん、ありがとうございました☆   

    
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 135 は…  (^∀^)

☆聖女ディンフナ
この聖人は、父親の異常な愛情から逃れて殉教したベルギーの伝説的聖人で、14救難聖人のひとり。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:精神を病む人)
(この聖人のゆかり:伝説では13世紀初め、フランドル地方のヘールで男女の棺が発見され、そのひとつにディンフナの名が彫られていた。その墓に触れた者は、精神の混乱状態や、てんかんが治ったという)

不安を抱えるのも自分、絶 つのも自分 ・・・☆☆☆

  • 2020/05/13(水) 05:13:09

日本人は、真面目な民族と、世界からみられている。

一方で 日本人は、突出して 不安を抱える民族とも、みられている。 

真面目な一面は、人から そう見られる外見のほうが、印象が ほどよくいいためとも言えるが、

往々にして、内面は、不安を抱えやすい。

そのため、そういう外見は、真面目な人が、罪を犯したり、ネットで、企業のクレイマーとなったり、誰かれかまわず、誹謗中傷する ネットあらしをしていたり、

不安からくるストレスを、そういう 陳腐な行動で発散しようとする。

まぁ、この国が、先の大戦に負けてから、

この国の政府や、テレビ関係者の力を手にした者たちは、

国民や、視聴者に、肝心なことを隠したり、秘めたり、本当のことをいわなかったり、すり替えたり、さも始めからないようにしてしまったり、隠ぺい工作をしたり、 

今、批判が相次ぐ、検察庁法改正案など、 
国民を、コロナショックで右往左往させてる間に、 
安倍政権が、または自民党の幹部らが、政治の中心にいるあいだに、
恣意的(:自分勝手)な考えを通そうとしていることが みえみえだったり、 

まぁ、「国民のためと称し、正当化する」たぐいの 偽りごとを、山ほど 政府は 犯してきている。

そのため、今は、何が ほんとうのことなのか、わからなくなり、
「不安」をつのらせ、疑心暗鬼の感覚を宿したタイプの人が、どんどん増えてしまっている。

家族でさえ、親は、我が子を疑い、子は子で、親を疑い、
会社内でも、成績が良かった人が、ある日、突然辞めると、
会社側を疑い、上司や先輩を疑うようになった。

この国は、平和な国になったと言われるが、それは外見だけで、

内面は、人が 人を疑い合う、ぎすぎすした 人々の集まりになっていっている。

あー やだやだ。

「不安」を抱えると、次から次へ、良くないことばかり思考する。

その不安思考をして1日を過ごすと、

「不安ウィルス」とでも名づけたい、成分が、脳内で発生する。

それが、頭にも、身体にも、良いはずはない。

でも、不安を抱えた人は、その頭にも、身体にも、良くないことを
くりかえす。

人には、「意志」と呼べる 思考が 備わっている。

その「意志」をつかえば、

その「不安」を絶ちきることができる。

「意志」をつかうか、つかわないかは、本人次第である。

健康なメンタルな人は、できるだけ、「不安」を抱えた人に近づかないソーシャルディスタンスをとる 強い「意志」をもつことが、
智恵となる時代に入っている。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 134 は…  (^∀^)

☆聖マッテヤ
この聖人は、イエス・キリストの復活を目撃した1世紀の12使徒のひとり。
ユダの補欠要員としてぺトロにより、クジで選ばれた。
◯属性:斧、矛、槍、剣
(この聖人が守護する対象:精肉業、石工、パスタ屋、鍛冶屋、仕立屋:デザイナー:)
(この聖人のゆかり:世俗的な欲望を求めず、徳を磨くことに専念し、聡明で慈悲深く、説教も上手く、多くの人を惹きつけた。そして、病人たちを奇跡により救ったのだが、これを異教徒にねたまれ、「いったん見いだした真実を捨てる気はまったくない」と退けようとしたら、怒りをかい、石で打たれたあとに、斧で首をはねられ殉教した)

やっぱり アイスコーヒーし かない(笑) ・・・☆☆☆

  • 2020/05/12(火) 03:40:11

きょうは、夏日となり かなり暑かった。

成人の場合、気温が 25℃を越えたとき、

1日の水分を、2リットル以上 採ると 

身体の中の 健康機能が 健全に 働くため 

きょうは、チャレンジしてみた。

結果、達成できた。

できたが、お腹が タポン タポンになった(笑)。

そのあと、好きな アイスコーヒーを飲んだら、始めの一杯は、なんとなく 薄く感じてしまい、

こんなことなら、始めから、アイスコーヒーを、
2リットル飲めばよかった。 

ただ、アイスコーヒーでは、身体に必要なH2Oが足らないため、
健全な 水分補給にはならない。

でも、水を、1日で 2リットル飲むのは、この おっさんには、
むかないことが わかったので、もぅ しない(笑)。

やっぱり、かちわり氷 たっぷりの アイスコーヒーが、

この おっさんには、

身体にも、頭にも、心にも、むいている。

こののち 血の色が、カフェ色に 変わっても、

いや、血液が、コーヒーの成分に 変わっても、

アイスコーヒーを、この おっさんは、飲み続けるだろう。

アイスコーヒーだと、お腹が、タポン タポンでも 入っていくから、
不思議である(笑)。 

    
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 133 は…  (^∀^)

☆聖アンドレ・ユベール・フルネ
この聖人は、大革命下のキリスト教受難時代に命がけで民衆を指導したフランスの司祭。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:なし)
(この聖人のゆかり:おじの影響でキリスト教に目覚め、志願して司祭となったが、フランス革命の影響で活動は弾圧され、役人に見つかりそうになるとシーツにくるまり死体のふりをしたりしたが、ついに捕まり投獄された。監獄されるとき馬車を降り「主が十字架を背負ったように、徒歩で行く」と歩き、死体にまぎれて脱獄逃亡に成功した。のちに「十字架の姉妹会」を設立し会を指導し、修道女の食料を増やし救うなど、数々の奇跡を起こした)

想像する「力」をあげると 、具現化する ・・・☆☆☆

  • 2020/05/11(月) 02:06:09

地球上で、人間だけが、想像力をもっている。

その想像力を、豊かに、巧みに、練って、練って、さらに 練ると、

それまでの体験からくる、記憶 と、知識が合わさり、

そこに、直感が降りてきて、勘が働き、第6感につながり、

想像で見たことが、具現化することがある。

きょうの NHKマイルCは、まさに、そんな感じといえる。

前日から、レースの展開を、逃げ馬、先行、中段、追い切りと 想像し、組み換えて、想像し、

そして、先頭集団のペースが、早め、平均、遅めで、想像し、

それを、何度も 繰り返し 想像する。

すると、それまでの脳内での映像と あきらかにちがう

「脳内展開想像画像」が あらわれる。

その想像画像のゴール前にきた「勝ち馬」は、なぜか、おっさんの場合、いつも白馬で通過する。

その脳内画像の通り、馬券を張り、きょうは、無事、4ラインゲット!

ありがたや、ありがたや。

想像力を、ゆたかにするのに、競馬は、
天候、馬場状態、距離、右回りか&左回りか、牡か&牝か、血統、馬体重、厩舎の仕上げ、馬の力量、ジョッキーの力量、当日のパドックの状態などなど、

いろんな想像をするのに、もってこいの 想像条件の多さがある。

これらを ある程度、目をつけた馬から、想像していくのは、

想像の「力」をつける、イメージトレーニングになる。

いくつか、想像した「想像」のなかから、

たしかな「想像」まで、想像できたとき、

想像したとおりの、現実が、目の前に、展開し広がることは、

ほんとに、「想像することが、楽しくなる」 手ごたえがある。

さて、来週は、ヴィクトリアマイル。

まずは、注目馬、アーモンドアイから、想像してみよう。

みなさんも、何かひとつ、想像力を、ゆたかにしてもらえる趣味をもって、

どんどん想像力が、ゆたかになるよう、
この自粛モード期間に、イメージトレーニングを、
たくさんしてくださいな(笑)

それでは。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 132 は…  (^∀^)

☆聖パンクラティウス
この聖人は、14救難聖人のひとり。14才の若さで殉教したローマ聖人で、遺骨がイギリスに渡って霊験あらたかなことがわかってから、一躍人気が出た。
◯属性:帯、マント、シュロの葉、剣、石、書物
(この聖人が守護する対象:子ども、けいれん、頭痛に苦しむ人、偽証を避けたい人)
(この聖人のゆかり:伝説によれば、フリュギア(トルコ)生まれで、裕福だった父がディオクレティアヌスのキリスト教大迫害で殺されたあと、叔父とともにローマに向かい、教皇コレネリウスに洗礼を受けたが、捕らえられ斬首され、殉教した。のちに信者が墓に手をそえて誓いを立てようとすると、誓いが偽りの場当たり、手が凍りついたという)

脳の配線 ・・・☆☆☆

  • 2020/05/10(日) 03:52:08

きょうは、小田原城のそばまで、

世の中の大人が怖くなった子を元気づけに行ったのだが、

もぅ、緊急事態宣言が、解除されたかのような、人出だった。

みんな、家にいるのが、いややねんなぁ。

今まで、子どもに、じっと家でしてなさいって言うてきた大人は、

子どもたちから、「大人らだって、家で、じっとしてられへんやん」って言われるだろう(笑)。

今は、不要不急での外出を、まだ ゆるむことなく控えてくださいって時期なんやけど、

あわてる◯◯きは、もらいが少ない、動きをしてしまうねんなぁ。

そりゃ、こんな 都合の良い大人のズルい背中姿みてたら、

なにが ほんとか わからんようになった子ほど、ショック受けわな。

4月に休校なって、家にいるうちに、外にでるのが、
むちゃくちゃ怖くなり、
先生が、プリントを 持ってきてくれたとき、
その先生にさえ、会うのが怖くて 部屋から出れなくなった9才の子から

「ねぇ、あきちゃん、どうしてさぁ、大人はさぁ 
自分たちが決めたことをさぁ、子どもたちにだけには守らせてさぁ、
自分たちは、守らないの?」と聞かれた。

「それはさぁ、大人の頭蓋骨の中にもさぁ、脳ミソの配線ってのがいっぱいあるやけどさぁ、
その配線の中で、社会や、物事のルールを守る配線とか、自分の言うたことを守る配線とか、約束を守る配線とか 「守ること」に関する配線が、大人になって、老いれば老いれるほど、接触が、どんどん悪くなって、
しょっ中、切れてしまうのが、大人の配線ってやつでさぁ、
お母さんは、すでに、きのう、何を食べたか、思い出せやんだりさぁ(笑)、
大人の中にはさぁ、脳ミソが、コロナより恐ろしい、イライラウィルスにやられて、
このカラのペットボトルみたいに、スッカスカになってたりするからな(笑)。

でもさぁ、ちゃんと、世の中の大人をよく見てみ。

君からしたら、子どもらに守らせようとする大人が多そうに見えるかもしれんけど、
よく見れば、大人のなかには、
子どもらが悪さしても、なんも言わず、ゆるしてくれる大人も、ちゃんといたり、
子どもらの言い分を、くみとってくれる大人がおったり
子ども同士が決めたルールを、別の子が、守らんでも、その守らなかった子を かばったり、
ひとりぼっちの子どもに、手をかしたり、ピンチを救ったり、
心を寄せてくれる大人が、ちゃんとおったりするからな」

「あっ、そうか。あきちゃんも、そうだよねぇ?」

「オレかぁ、オレは、あかん。悪さばっかりして、脳の配線がショートして、脳ミソが、ドロドロの ウ◯チになってしもたからなぁ(笑)」

「きゃはははは、脳ミソ、ウ◯チ だって、あはははっ、
じゃあさぁ、あははっ、あきちゃんのさぁ、頭さぁ、あはっ、くはっはは、ウ、ウ◯チくさいぃ?(笑)」

「おぅ!あたまだけとちゃうどぉ、もぅ全身、めっちゃウ◯チくさい(笑)」

「きゃはははははは」(イスから、くずれ落ちて、これげ回って笑ってた(笑))

笑いこけたあと、守る守らないは、どこにあるかの智恵はなしして、
絵本を1冊読ませていただき 
 
そのあと、一緒に、1階のリビングに、降りていったら、

お母さんが、なぜか目をうるませ、シュークリームと、アイスコーヒーを お盆にのせて持ってきながら、

「なにを、笑ってたの?」と聞いただけで、

その子は、おれのほうに、パッと指さして、ソワァーのクッションにウ、ウ、ウーっていいながら(笑)、顔をつっこんで、大笑い(爆笑)笑)。

帰り際、車まで 送ってくれた お母さんが
「あきひろさん、ほんとに、ほんとに、ありがとうございましたぁ。あの子が、あんなに、大笑いするの、始めてみたら、もぅ、涙が出てきちゃって。わたし、ほんとに、口うるさいだけで、ほんと、ダメだったんですね。あきひろさんから、あれだけ、明るくって言われてたのに、なんにも、してあげられてなかったんだってことが、もぅ・・・(しばらく泣いてたので) 」

「まぁ、これからは、我が子の 笑い声を、「母ごころの栄養」にしてかなな」

「(うんうんうなづきなから) は ィ」

大人は、
子どもたちが、コロナショックより、
大人の都合のよさショックで、笑顔を失くしてしまうほど、
かよわいことを、忘れてはならない。

家の中に、明るさがないと、
人が持つ「思いやり、優しさ、ユーモア」に関する
大事な 大事な配線も、切れやすくなるから、
大人のみなさんは、重々、ご注意してくだされ(☆)


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 131 は…  (^∀^)

☆聖フランチェスコ・ディ・ジロラモ
この聖人は、ナポリのイエズス会で熱き説教家。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:伊ナポリ)
(この聖人のゆかり:11人兄弟の長男で、1676年からナポリとその近郊の農村で説教活動を行い、簡素にして明解で「人と話すときは子羊であっても、説教をするときは獅子であった」と評された。監獄、売春宿、犯罪者を乗せた船にまで乗り込み、烈火のごとき説教で人々を回心させた)