FC2ブログ

おれが、落ちつきない理由がわかった(笑) ・・・☆☆☆

  • 2021/04/04(日) 03:00:19


黄泉の日の朝早く、南の空に、下弦の月が、もやのなかに浮かび、夜が 明けてきた。

なんと 幻想的な夜明けだこと。

そんなおり、朝イチから、

おじいちゃん、おやじ、○○ちゃんの三回忌、おばの##ちゃんの位あげの大法要として、

和尚さんの読経に合わせ、我が一族のご先祖様たちのお経をあげさせていただいた。

そのあと、きょう大安吉日の良き日をかね、縁起の良い平安神宮の大鳥居で、ワンショット撮り、

みなさんの平安な一年と、一族の健康、交通安全、厄疫退散の祈願で、ある祝詞を捧げさせていただいた。

そして、急いで、地元にもどり、昼から、大在所にある大仏壇の性根抜きの、法要のため、
一族の各家の当主が揃い、これまた、和尚さんのお勤めに合わせ、お経をあげさせていただいた。

この性根抜きは、ひとつの けじめとなるもので、

これ以後、すべてのご先祖様たちに、おれの家の母屋の仏壇で 一同に 集まっていただけることになった。

そして、司法書士さんに来てもらい、今後のおはなしをさせていただいた。

で、性根抜きを終えた、大仏壇の引き出しを整理していたら、

なんと、おやじの中学時代の成績表がでてきた!

おやじが逝って15年、まさか、大法要のきょう、おやじの中学時代を知ることになるとは。

担任の先生から見た、おやじは、かなりの 野生児に映っていたようである(爆笑)。

生前、おれに、おちつけ!と良く言っていたが、

なにが、なにが、おれが、今だに 多動症のおっさんなのは、

間違いなく、おやじぃ、おまえの血やないかぃ!と、遺影に、毒づいた(笑)。

すると、遺影のなかで、ほほえむ おやじが、

あほか、おまえの多動症に比べたら、おれなんか、かわいいもんじゃ。
朝明の川で、キャンプしてるぐらいやったからな
まぁ、きょうは ごくろうさん、と 遺影が、コンッと鳴った☆

おしまいに、○○ちゃん、こっちで、三回忌ということは、

そっちで、ようやく、転輪王の阿弥陀如来様の元まで行けたね。

これから、うちの一族、なにとぞ、よろしゅう見守ってやぁ。


丑年の智慧 禅語 其の94 は…  (^∀^)

*悠然見南山 (ゆうぜんとしてなんざんをみる = ゆったりとした気分で南山を見上げる。煩悩から離れた悠々自適な様子)

訓え・・・思いつめたり、考えが行き詰まったら、気持ちを落ち着ける必要がある。そんなとき、自分の家からみえる山々を、ボーっと眺めて見たり、海に波を眺めてもいいし、川の水面の流れを眺めるのもいい。ボーっと眺めていると、余計なことを考えず、無心で、自然と一体化して、心よい癒しに包まれる。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する