FC2ブログ

イジワルでは、人生の花は咲かない  ・・・ ☆☆☆

  • 2021/03/24(水) 02:37:04

きょうは、まばゆい星空から、久しぶりに、清らかな朝をむかえた。

朝日をバックに、さくらの花が映えていた。

めちゃくちゃ、ウキウキウィールスに感染した(笑)。

そんないい天気に、午前中、リモート1本して、

「花がある人生」について(笑)、花を求める、面々に、おはなし(笑)。

ゆ○&や○子と、その仲間たち、

常に、咲きっぱなしを、求めないように(笑)。

キーワードは、
「そんな花は、一輪もない」です(超超超大爆笑笑笑)

で、昼から、電車に乗り、待ち合わせの場所へ。

駅の改札を出ると、満面の笑みを浮かべて、某飲料メーカーで働く、ひ○子が、スーツ姿で、おしゃれしてやってきた。

が、めんどくさそうなウィールスが漂っていたので、無視して通過したら(笑)、

「先生ぇー、こんなキレイどころを無視すると、バチが当たりますよ」とか言いながら、ついてきたので、心のなかで、やっぱ、帰ろかなと思いながら、

「あんなぁ、おまえ、キレイって辞書でちゃんと引け。キレイって言うのは、汚れのない状態のことを言うねん。おまえは、汚れまくってるやんけ」

「あ〜ん、ひどぃー」

「昼間から、あえぐなぁ、病気か、おまえわぁ?(笑)」と言いながら、

迎えの車に乗り、ライン工場で働く、パートの女性陣が待つ、会場へ。

ひ○子の司会で会が始まり、前に出て、

「みなさん、いつも、おつとめごくろうさんです。
みなさんらのおかげで、これが、Yesって、いいながら、飲めるんやね(爆笑)
今、笑った人らは、こてこての昭和生まれってことがわかりました(爆笑)
まぁ、きょうは、みなさんらに、
この国は、No って言えない、優しさを持った、情緒ゆたかな人々が住む、国なので、
ライン工場で働く、女同士のこぜりあいが少しでも、なくなるような おはなしをしよかなと思ってきました。
というのは、建て前で、ほんとは、さっき司会した ひ○子に、
「先生、うちに来てくれないと、うちの製品を世の中から、無くしますよ」と脅されたので、それは、困ると思ってやってきました(笑)。
で、話しを始めたいのですが、会場に入る前から、みなさんの邪気がもれてて(笑)、
今、ここに立つと、すげぇー邪気が、この会場に漂ってるよなぁ」と、言いながら、

演壇からおりて、あなた、あなた、あなたも、と、3名の目の前までいって、演壇にもどり、
「今、指名した3名、あなたたちが、このライン工場で働く、親分ですね(ひゃーっ・大大大爆笑笑笑・コワッ)。とくに、グレーのジャケットきた、あなた、あなた相当の黒鬼やね。
今から、日輪刀で、切ります(超超超大爆笑笑)」
パッと横見たら、部長、課長、係長、工場長まで、「あんで、先生は、あいつが、この工場のガンだと、わかった?」って感じだった(笑)。
他の気弱な女性陣も、笑ってはいたが、なんで、わかったの?と言う感じだったので、

「自分、下のなまえ、教えて?」

「えっと、なんだっけな?」

「おまえ、自分の名前わすれるって、薬打っとんな」(手叩いて大爆笑笑笑)

「で、なまえ、思い出したぁ? たぶん(み)がつく名前やろ?、あ○みやったりして」と言ったら、超ーーっ大爆笑笑笑。図星だったのである(爆笑)。

「だいたい、あ○みって名前のやつは、悪いヤツ、多いからなぁ(爆笑)。
まぁ、きょうは、あ○みを中心に、あ○みに言われると、No って言えず、Yesとしか言えない、恐怖について、あ○みに協力してもらいながら、おはなしすることにします」と言うと、(すげぇー拍手)だった(笑)。

最後に、
「あ○みぃ(はい)、わずか、90分で、おれに邪気祓ってもらって、YESはぃって言える素直な女になれたやんけ(はぃ・爆笑)。きょうは、きょうのギャラの他に、あ○みぃ、おまえのお祓い料もあるから、おまえ、これ終わったら、楽屋に、○8万もってこぃ(えぇーっ・爆笑)なにが、ええーっや! おまえの恐怖で、今まで、何人辞めたと思ってんねん(爆笑笑笑)それ思ったら、安いもんじゃ。
がははは。まぁ、本日は、こんな話しになりましたが、最後に、今から、みなさん、女性陣が働く職場で、あってはならないイジワルな気持ちを滅して、この丑年、心に、一輪の花を咲かせていただけるよう、1冊の絵本を読ませていただきますね」と言って、絵本を読ませていただき、おちぃーまぃ。(すると、スタンディングオベーションの大拍手をいただいた)

会場を出るとき、
「あっ、みなさん、あ○みは、おれが責任持って、今から、さらに、締めます(爆笑)」と言って、あ○み連れて退場(笑)。

で、楽屋に行くまでに、あ○みに、2つの注意点と、これだけは一生忘れるなという、ある想いを1点言うてあげたら、「ありがとうございます、ありがとうございます」と言いながら、ボロボロ泣いてた。

あ○みとの話しを終えて、楽屋に入った瞬間、ひ○子から抱きつかれ、
「もぅ、最高ーでした。もぅすんごく良かったです。もぅ、先生、すてきすぎる」と、連発してたので、
部長に、あいつ、つまみ出してもらえます?と言って、つまみ出してもらい(笑)、

そのあと、男同士で、大盛りあがり(大大大爆発大爆笑)。

帰り、改札口まで、ひ○子が、見送りにきてくれて、
「先生、きょうは、ほんとに、ほんとに、ありがとうございました」と、泣きながら言ってたので、

「あとは、おまえが、あ○みの相談相手になったれ。あいつを辞めさすなよ。バランスが崩れて、もっとやっかいなヤツが現れることなる。ほなな(笑)」と言ってわかれた。

電車のなかから、むちゃくちゃキレイな、お月さまが、
「あきひろ、きょうは、大量の邪気祓い、ごくろうさん」と、微笑んでおられた。


丑年の智慧 禅語 其の83 は…  (^∀^)

*行雲流水 (こううんりゅうすい = 空を行く雲、山間を流れる水のように、こだわりのない、自然で自由な姿)

訓え・・・家にいるときにも、現代は、自分の自然で自由な姿を出せなくなってきている。
せめて、家にいるときぐらいは、自然で、自由な姿を出しておかないと、メンタルがもたなくなる。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する