FC2ブログ

春には、新しい縁の花も咲く(笑) ・・・☆☆☆

  • 2021/03/20(土) 05:14:09

きょうの朝は、うっすら雲が張っている空で、少しひんやりした風がやんわり吹いて、
東側に、ねずみ色の雲があったので、朝日が、見えないまま世が明けた。

昼から、つい先日、卒業式を終えたばかりの、つ○み、あ○か、ち○き、○うた、や○と、き○う○い らと、明治神宮の中庭で会い、

それぞれのキャンパスで、青春ができるよう、持ち前の、アンポン○ンぶりを発揮し(笑)、

失敗をこわがらず、明るく学生生活を送れるよう、知恵ばなし。

その際、○うたが行く、東京○○大学には、知り合いの教授がいるので、目の前で、
「おーい 久しぶり、元気かぁ? あんなぁ、4月から、○うたってヤツが、おまえの大学行くから、
4年間で、ちょっとは、こいつのおっちょこちょいがマシになるよう、おまえ、面倒みたってくれ(笑)」と、電話したら、○うたが、コワっを連発してた(笑)。

次に、あ○かが行く、○○学院大学には、1回生から、4回生まで、すべて、おれの息のかかった小娘らがいるため、そのなかで、3回生のゆ○かに、電話したら、
「わたし、ちょうど、竹下通りにいるので、今から、行きます」と言って、15分後にやってきたので、直接、
「ゆ○かぁ、こいつ、頼むわぁ。と、いいたいけど、あ○か、あかん、こいつ、邪気まるけや!(笑)」
「あぁーやっぱり。ここんとこ、いいことないから。
わたしも、3年前、あきひろさんに、こうやって、今、4回生の ま○ちゃんに、入るとき紹介されたんだぁ。あんときは、良かったのに」

そして、ゆ○かが、あらたまり、
「あきひろさん、一緒に、明治神宮、お詣りしてもらっていいですか?」と言うので、

ちょっと ゆ○かの邪気祓いしてくるから、おまえらここにおれって言うたら、みんな、一緒に、行きたいと言い出し、

ひょんなことで、8人で、明治神宮の神様に、二礼ニ拍手一礼。

明治神宮の神様、また、この春から、おれの息がかかった、小娘や、クソぼうずが、江戸で生活することになりますが、どうか、
コロナにかかることなく、明るく、素敵な縁に恵まれ、ドラマチックな大学生活を送れますよう、
なにとぞ、お力添えのほど、よろしくお願いいたします。

それが終わってから、

静岡の、えびえのとこには、ういういしさについて、
福井の、べっ子のとこは、失敗をこわがっていないのに、なぜ、次から次に、未来で役にも立たない失敗をしてしまうのか(笑)、について、リモート2本してました、とさ。


丑年の智慧 禅語 其の79 は…  (^∀^)

*春水満四沢 (しゅんすいしたくにみつ = 春の雪解け水は、四方の沢に満ちて、春の草木が芽吹く源となる)

訓え・・・近くの山花を愛でるとき、そこには、どんな花も、土と水と光という支えの元に、成り立っている。それと同じく、人生もまた、自分が人生の華を咲かせるには、支えてくれる土、水、光となる人を大事にしなければならない。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する