FC2ブログ

今、母として、しっかり我が子と向き合わないで、どうする ・・・☆☆☆

  • 2021/03/07(日) 02:16:10

きょうは、くもりで朝が始まり、昼ごろ、うっすら太陽が、のぞきかけたが、やっぱり、くもりだった。

そんななか、この春に、我が子が 新たなステージに入るので、

母として、どんな 距離感で、接したら、
母として、どんな 応援の仕方をしたら、
母として、どんな 言葉かけをしたら、など、

おいしいコーヒーを飲みながら、1人は、支離滅裂なタイプのイタい母(笑)、
1人は、マツケンサンバを、人前でも平気で、踊れる母(笑)に、

丁寧 かつ 的確に、それぞれの我が子の未来が明るくなるよう、説いてさしあげた。

母親が、受け身タイプ、つまり、世の中にはびこる、

これがいいと云われていることや、
これは、良くないとされていることや、
だいたい、よその母親は、みんなこうしているよ、ということを、我が子の性格や意思をだいたいしか聞かず
まだ、子どもだからと、母親の意思で、我が子に良かれで進める風潮に、乗っかってしまうと、
母親は、自らが、受け身であることにまったく気づかず、

世の中のふるいにかけたり、世間の秤にかけたりして、

我が子の未来を、開いてあげる視点ではなく、我が子本人が、苦しみ、どんどん明るさを失なう未来へと誘ってしまう。

そんなことにならないよう、ここだけは、母親として、我が子の未来を明るくしてあげるためには、なにがあっても、間違えないよう、

また我が子が、お母さんは、ぼくに、または、わたしに、きっと こうしてほしいと思っているよな、と思っている通りに、母親が動いたり、言ったりしていては、
我が子の未来を、明るいほうへ、向かわせてあげられないので、

我が子を思うなら、母親が、ひとりの大人の視点を

我が子自身が、想像もしていない視点で、

我が子の秘められた能力を信じてやまないようなことを、本気で告げるぐらい、我が子と真剣に向き合う姿勢をもてるよう、実践的な、アドバイスをしてさしあげた。

あとは、我が子本人が、自分で決め、向かうべきゴールに邁進できるよう、
サポートしてあげるポイントも、おまけで、説いてさしあげた。

我が子が、人生の壁に ぶち当たったとき、母親が、凛として

我が子の未来を 世の中を敵にまわしてでも、信じてくれる姿は、

我が子の身体に、それまで眠っていた ポテンシャルを、確実に起こし、

我が子自身も、気がつかないうちに、信じられない力をつけ、ゴールを駆け抜ける。

母親は、どんなときも、母オリジナルの想いを胸に秘め、最後まで、我が子の味方であるなら、

我が子は、一見、あまりにも無謀と思えるような、山(目標)をも制覇する。

それに、母自らも、ウキウキしながら、我が子を見守りながら、サポートするため、
ある一定のレベルに達した我が子も、ウキウキしながら、ゴールを目指すので、

母と我が子に、福の神からのご利益が、なぜか多分に授かり

我が子を信じきった母親の子の未来は、必ず、明るいほうに導かれてゆく。

我が子と、未来で、勝利の笑顔の花を咲かせられますように。


丑年の智慧 禅語 其の66 は…  (^∀^)

*雁去燕来 (かりさりつばめきたる = 雁が去っていく時期になると、燕が飛来する。自然の移り変わりには、はからいごとが何もない)

訓え・・・冬鳥の雁が北へ帰って行くのがわかったように、ツバメが、家の軒下で巣作りをする。その作為のない当たり前のことのなかに、真理が隠れている。ここから、人は、どれだけ、当たり前のことを、当たり前にできているか、よく見つめてみる機会の訪れでもある。

この記事に対するコメント

あきひろさんのブログにいつもパワーをいただいています。ありがとうございます。今日は特に心に響いたのでコメントさせていただきました(^-^)
もうすぐ母になって一年が経ちます。これから我が子が明るい道に進めるよう、明るいくるくる母ちゃんでいたいです。大変なことも多いですが、ウキウキする時間を大切に過ごそうと思います♪

  • 投稿者: なおかーちゃん
  • 2021/03/07(日) 16:52:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する