FC2ブログ

社会の荒波へ いざ(笑) ・・・☆☆☆

  • 2021/02/06(土) 04:47:09

朝、玄関に、水をうったら、その水滴に朝日の光があたり、光がだいぶ力を少し増してきたように感じた。

きのうの風がやわらいだ昼間、横浜に行った。

そこで、この春で無事、大学を卒業する、学生ら4人と、大好きな鶏肉屋で落ち合った。

4人は、地方から それぞれ4年前に 大都会に出てきたが、4人とも、地方にもどらず、
大都会の社会人の1人として働くという。

そのうちの1人、H高が、カルビーに勤めるらしい。
「先生、おれのアイディアの、新しいホットケーキ味のポテトチップが、商品化されたら、
箱で送るんで、パリぽりパリぽーしてもらいたいです(笑)」

「あほかぁ、そんなもん食うかぁ、それなら、原宿のホットケーキ食べにいくわい。なんで、イモを、ホットケーキ味にすんねん。そういう点が、H高は、女に振られる原因や」(みんな大爆笑))」

4人のうちの1人のS里は、
「わたしは、あの中学のとき、あきひろさんと一緒にゲームした会社です」

「まさか、あの伝説の人生ゲームの会社かぁ?」

「はい。わたし、面接のとき、あのとき、あきひろさんが、熱く語ってくれた、人生ゲームの思い出を語ったのね、そしたら、そのときの面接官の人が、君のような思い出を語ってもらいたくて、あの人生ゲームを作ったんだよって、わたし、平成版人生ゲームを作った人に面接官が当たって(笑)、受かったとき、お母さんから、あんた、あきひろさんに、あの日、人生ゲームしてもらったときから、こうなる運命だったのよって、言われたとき、ほんとだぁって思って(笑)、わたし、入ったら、令和バージョンの新しい人生ゲーム作るんで、それ出来たら、送りますね」

「おぅ、それは、ぜひ、送ってくれぇ。H高のホットケーキ味のポテチより、よっぽどええわい」(爆笑・笑)

残りの、Y喜は、医療機器メーカー、E治は、家族の一員である飼い犬や飼いネコの栄養バランスを考えた食品メーカーらしく、無事、みんなコロナ禍で、就職先が、決まっていたので、ほんとに、安心した。

最後に、H高が、お母さんに電話しなくていいのに電話し、
「あきひろさん、ちょっと、うちのかぁちゃんと代わってもらっていいですか?」と言われ、スピーカーにして、

代わった瞬間、
「(あきひろさーん、いつもお世話になってますー、ありがとうございましたぁ)
あんなぁ、ダイコン、おまえのワルい面が、そっくりそのままH高に出てるから、多分、入社初日で、H高は、クビになると思うから、お礼なんか言わんでもええ」(えぇー、わたしこまりますー)と言った瞬間、電話を切った(大大大爆笑・笑・笑)))

H高、S里、Y喜、E治、就職、おめでとさん。

春から社会の荒波に、その小船で、どこまで行けるか(笑)、試してこいやぁ。
転覆したら、そのまま、太平洋に流れてけー(笑)もどってくんなよー(笑)

ほなな。


丑年の智慧 禅語 其の37 は…  (^∀^)

*自然有春意 (じねんにしゅんいあり = 自然の景色には春の気配があますところなくあらわれている)

訓え・・・身のまわりの自然は、人知れず、たんたんと季節のうつろいをしている。つぼみのふくらみ、やわぐ風、日の光のまばゆさ、朝の散歩や、夕方の散歩で、近くの公園まで歩くと、まわりの自然に生かされている実感がわき、ありがたさが沁みる。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する