FC2ブログ

なにを勘違いしているのでしょう(笑) ・・・☆☆☆

  • 2021/01/31(日) 05:18:06

きょう大安吉日の朝は、冷え冷えした澄んだ青空が広がった。

日が昇るちょっと前、満月が、西の果てに、消えるとき キレイな赤のひかりの尾を残していった。

きょうは、夕方まで、リモートを3本してた(笑)。

笑うだけ笑って、みんな、
早く、コロナの世がおさまって、
直接、おれの話しを聞きたいですとか、
必ず、来てくださいねとか、
コロナでも、しっかり会場づくりして、待ってます、とのことだった。

というより、どの地区も、おれから、直接、邪気を祓ってもらいたがっていた(笑)。

すでに、自分がやらかして貯めてしまった邪気を、なんで、おれが、運転して、
わざわざ、邪気を祓いに行かなあかんのかな(笑)。

それは、ちがうよね。

おれが、絵本を手に わざわざ地方に旅に行くのは、

人知れず、ひっそり我がもの顔で生息する鬼どもがいたりするので、

その鬼に強いられ、ふるえるピュアな心をもつ子どもらに、

富岡義勇のように、「よく、耐えた。あとは まかせろ」と、
鬼どもを、言霊の日輪刀で、瞬滅させたあと、

もぅ、大丈夫! 今から、絵本を読ませていただくからねぇーと、

それまで、ふるえてたピュアな子どもたちに、安心感と、笑顔を取り戻してもらうために旅をしてるのである(笑)。

それを、なにを勘違いしているのか、鬼たちは、わたしに、会いに来てもらおうとしてる節がある。

会った瞬間、おれが、くるくる○ーの呼吸、参の型で、首を切るというのに(笑)。

コロナ禍をいいことに、ますます、鬼が増えているという知らせが、あちこちから来ている。

コロナ中だが、そろそろ、鬼狩りに、出ないといけないかもしれない(笑)。

子どもたち、あと、しばらく、ふんばって待っててほしい。

必ず、鬼どもを、狩りに行くからね(笑)。


丑年の智慧 禅語 其の31 は…  (^∀^)

*喫茶去 (きっさこ = 誰に対しても「お茶でもいかが」と、分別なく振る舞える心)

訓え・・・人を見た目で判断したり、好き嫌いで、お茶を出す、出さないを決めてしまっていては、心を、自らくもらせてしまう。まずは、分け隔てなく迎え、お茶をふるまう心の姿勢をもって、清らかな心を養っていくこと。

この記事に対するコメント

なんでだろう

今年の禅語はなぜだか頭の中に心の中に響きます。昨年は外国の話だからでしょうか

  • 投稿者: しょうわちゃん
  • 2021/01/31(日) 17:56:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する