FC2ブログ

信じられるようにねぇ? ・・・☆☆☆

  • 2021/01/30(土) 03:01:11

きょうは、朝方、むちゃくちゃ冷えたが はれ となった。

24階のガラス窓ごしに、太陽の光を浴びるとかなりあったかかった。

ある会社のブースに呼ばれ、2年ぶりに、W○井ちゃんと会った。

話しは、来年度の新人研修の件だった。

社内に特設会場をつくるので、そこから、リモートで、「心構え と 主体性」で話しをしてほしいとのことだったので

W○井ちゃんは、その心構えと、主体性を持ってんのか?もってないのに、新人には、
その心構えと主体性を、求めんのか? おまんとこは、ブラック企業かぁ(笑)とか言いながら、
はい、はい、好きな演題つけてくれりゃ、それで、話ししたるわい、と研修の打ち合わせは終わった(笑)。

で、帰ろとしたら、W○井ちゃんが、近況報告をしだした。

そのなかで、「部下が、信じらんなくて、つい、自分がやっちゃうんですよね。それじゃダメだってわかってんすけど、どうすれば、部下を信じられますかね」という一場面があったので、

「じゃあ、おまえは、おまえの上司にあたる役員らを、100のうち、80ぐらい、信じてんのか?」

「えっ、んー、そうですね、みなさん80とは、言えませんが」

「なんじゃそれ。ほな、80越えてるぐらい信じてる上司は?」

「1人ぃ、ですかね」

「1人でええわ、じゃあ、おまえは、その1人の上司のどこが、信じるにあたいするんや?」

「・・・んー、・・・強いて言えば○○○○○○○○ですかね」

「まぁ、そこやわな。ほな、おまえも、おまえの部下に、その背中姿を見せ続けることやな」

「おれがっすか?」

「無理なら、バカにされる上司でええやんけ(笑)」とか言いながら、

W○井ちゃんに、信用されることと、信頼されることは、重みの種類がちがうというプチ智慧ばなしをしてあげて、

おれは、くるくる○ーやから、信用されることも、信頼されることも、どっちもされたくないね。あきひろ最低って言われとるほうが、自由でおれるからな。

W○井ちゃん、研修日におれが、ちゃんと来るなんて思うなよ。天気良かったら、競馬場行くかもわからんから、おれなんか、信じるなよ、がはははって、言い残して帰ってきましたとさ(笑)。

みなさんも、こんな くるくる○ーのおっさんのことなんか、決して、信じませんように。
信じるなら、あくまでも自己責任で(笑)


今宵の月は、今年、初の満月。

それにしても なんと、美しきかな。

めっちゃくちゃキレイな満月なこと。その初月光、ほんとに ありがとうございます。

この時、この瞬間、月読の神様、どうか、本年、1日も早く、コロナ禍の世がおさまり、

みんなに、笑顔多き、良き年となりますよう、なにとぞよろしくお願いいたします。

あー、アイスコーヒーの月見で一杯、おいちぃーなぁ☆


丑年の智慧 禅語 其の30 は…  (^∀^)

*主人公 (しゅじんこう = 禅語では、主人公は、本来の自分を指す。どんなときも、本来の自分を見失わないことが要となる)

訓え・・・建て前社会に身をおいていると、人に合わせたり、自分の気持ちを抑えてしまうことが増える。それも、一つの人間関係を円滑にできる術(すべ)にはちがいない。でも、そこに身をおきすぎると、本来の自分、つまり主人公の自分が辛くなるときが必ずくる。自分の人生の主人公は、「自分」であることを見失なってはならない。

この記事に対するコメント

ほんまやで😊

私は手の焼ける女と思うわ。あきひろさんに言われた通りトイレ掃除玄関掃除神棚掃除そして氏神様へのお願いをしてから上司と話をしたら、今まで生きてきた中でこんな濃密な会話があっただろうかと言うような会話ができました。すごい人に出会ったんだなと思った位です。気がつけば2人で3時間半も話してしまいました。注意を受けてから1週間自分で考えて自分で行動するようにしました。そんなことも実行したことが良かったようです。皆さんあきひろさん信じられますよ

  • 投稿者: しょうわちゃん
  • 2021/01/31(日) 00:25:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する