FC2ブログ

コロナ禍のなかで、自らの健康を害する悩みを抱えてどうすんるや ・・・☆☆☆

  • 2021/01/29(金) 03:24:07

きょうは、朝早くは、多少、はれていたが、冷えた くもりとなり、夕方に向け、どんどん冷えが増していった。

この冬は、冷えが幾分弱まったり、きつくなったりしているため、風邪を引きやすい状況にある。

今、風邪を引くと、コロナなのか、ほんとに風邪なのか、医者でさえ判断がつきにくいため、ほんとに、風邪ぎみにもならないよう、しっかり睡眠をとって、免疫力が下がらないようにしてほしいとおもう。

おれの場合、くるくる○ー免疫細胞が、体内で、活躍してくれているのか、
1日1食で、夜まで、あちこち出歩き、部屋にもどったら、もどったで、毎日のメールの返信や、ブログの原稿を書いたり、各出版社から送られてきた、本や雑誌を読み、プチコメントを書いたりしていると、毎日、朝方まで、何かすることがあり、ろくに寝てないので、いつ、コロナにかかってもおかしくないほど、一般の人では免疫力が働かないような日常だが、いや、脳科学の先生にいわせると、いつ、脳いっ血や、心筋梗塞で死んでもおかしくないらしいが(笑)、なんとか、生かしてもらっている。

きょうも、昼から 恵比寿で2人のお母さん、夕方近くに乃木坂で、また2人のお母さん、夜8時すぎに、新宿で1人のおっさんと会ったが、
みんな、「あきひろさんと会えただけで、元気が出てきました」とか言いながら、
そんなおれから、ありがたい話し以外に、精気まで吸い取るように、笑顔を残しパクっていった(笑)。

心のプロをやっていると、しょっ中、思うことがある。

それは、真面目な人ほど、なにか悩みを抱えると、それを早く、真面目に解決しようとして、より、悩みの渦にハマっていき、結果、身体を壊してしまうほど、心も身体も弱いと。

真面目な人は、なんでも、早く解決しようとして、なんかいい解決策はないかと、やっきになるが、人生経験のほとんどが、やっていいことばかりしかしていないので、こたえがなかなかでない。すぐ、こたえがでないことの悩みを抱えたとき、これは、すぐこたえが出ないな、という感覚がにぶく、なかなか、横においておけないため、
その先の負の要素に気がつかず、考えれば なんとか こたえが見つかるはず、と思って、どんどん深みにハマっていく。

一生は、一度しかないのに、すぐ、こたえが出ないものに、時間をかけていてもしかたない、という感覚に乏しいため、悩みに悩み、自らの免疫力をも低下させ、身体を壊すほど、悩みこむ。

その点、おれの過去は、悩まず、頭にきたら、すぐ、ど○いたり(笑)、してはいけないことに、平気で手を出した。そうやって無知まるだしの数々のワルさをしてでも自分の思うようにしてきたので、当然のむくいとなるその分の、山ほどのイタイ思いや、山ほどのバチがあたっているので、悩みに対する免疫力が異常に発達したのだろう(笑)。

まぁ、ただのドあほである(笑)。

それが、なんとか、ドあほから、本が大好きな くるくる○ーにまでなってきた(笑)。

みなさんの場合は、過去をみても、ワルさなんかしてないのだから、
ただ、もうちょっと、手を抜いて、いいかげんな部分を足して、真面目に悩まず、不真面目に悩めば、たいていのことは、
免疫力を低下させ、身体を壊すほど悩まずにすむし、

悩みをかかえながらも、健康に、明るく、過ごせると思います。

自分の健康のためにも
悩む1日より、悩みを忘れ、なんとかなるさぐらいの明るい1日を(笑)。


丑年の智慧 禅語 其の29 は…  (^∀^)

*和敬静寂 (わけいせいじゃく = おたがいが和み、敬い、清らかな心で向き合って、静かな空間をつくる)

訓え・・・まずは、自分にとって大事な人から、家族とか、友達とか、和やかに、つくっていない自分で会うこと。次に、敬いをもって、自分が接すること。そして清らかな心で、向かい合い、素直に思っていることを話したり、聞いたりすれば、そこには、心がおちつく、静けさが広がる。

この記事に対するコメント

コロナ禍となり、生活がすごく変わりました。
朝5:30に起き、6時前に近くの神社にお参りに行きます。
夜は12時前には寝るようになりました!
タバコを吸わなくなりました。
お酒は週末だけになりました。
食べる量は、変わりません。
太ったまんま…体に変化はあるのか…ないのか…。
健康でいたい!!
そう思うようになりました。
今日もウッキウキで楽しく過ごします!!

  • 投稿者: りょー
  • 2021/01/29(金) 06:24:16
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する