FC2ブログ

冷える日は、冷えを忘れるものを食べて、免疫力を落とさない工夫がいる ・・・☆☆☆

  • 2021/01/09(土) 03:33:11

きょうは、アイスクリームのなかにいるような冷えで朝が始まり、
太陽が出ても、冷える北風のせいで、おでこ、ほっぺた、耳、手が、氷と同じぐらいの冷たさに感じた。

そんな冷たい日が、年明け2発目の 大安吉日になっちまった。

緊急事態宣言が出され、きょうから、レベル3への引き下げを目標に、
国民のみなさんの良心活動が展開されようとしていたが、

この冷えは、「冷えるから、きょうは、外に行くのやめよ」ってなっても、納得してしまう、冷える日だった。

そんな冷える日に移動を余儀なくされ、名古屋に立ち寄った。

みなさんは、名古屋に、山本屋の味噌煮込みうどん なるものがあるのを ご存知でしょうか?

これ、きょうのような、冷える日には、むちゃくちゃ体があったかまる、土手鍋のうどんである。

この山本屋の看板を、目にしてしまい、誘惑に負け、山本屋本店に入って、食べるとにした。

約10年ぶりの、山本屋の味噌煮込みうどんは、むちゃくちゃ美味かった。

店員さんが、「熱いので、気をつけてくださいね」といいながら、鍋のふたを開けた瞬間、まだ、ぐつぐつと煮たっていた。それを、はふはふ言いながら食べ、むちゃくちゃ身体があったまり、冷えを忘れることができた。

名古屋駅のホームに、吹き荒ぶ冷たい風が、びゅーびゅー吹こうとも、食べ終わったあとは、スキー場で夜入る、露天風呂のような気分で、ちっとも寒くなかった。

みなさん、冷える日は、煮込みうどんを食べて、あったまって コロナ予防をしてくださいね。

冷えを忘れる、良き大安吉日となったとさ(笑)。


丑年の智慧 禅語 其の9 は…  (^∀^)

*雪裏一枝春 (せつりいっしのはる=雪のなかにあっても梅の花が、一つ開き、春の気配を感じる)

訓え・・・年明けの冷えが、まっさかりの冬に、我は、冷えをしのぐのに、四苦八苦しているなか、明かりを感じ、ふと、小さな公園の枯れ枝に 目を向けると、梅の花が、一輪、ひらいているのを見て、この冷える日に、あの梅のつぼみは、春の知らせをいち早く伝えようと、一生懸命開いてくれたことに、冷えを忘れさせてもらえた。ありがとう、梅花。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する