FC2ブログ

1年の集大成の大予想は、むちゃくちゃ楽しい(笑)・・・☆☆☆

  • 2020/12/26(土) 05:13:23

きょうは、朝のうち、雲が多かったが、昼に向け、雲が薄らぎ、青空が広がっていった。

そんな青空広がる新宿で、競馬ファンでなくとも、耳にしたことことはあるだろう、

有馬記念の馬券を、2日前にゲットすべく、クリスマスに、

有馬記念を獲って良い年を迎えようとする有志が集まった(笑)。

ちょいと洒落た、コーヒー店で、みんなで予想した。

本年は、いろんな予想が予想通りにいかなかったコロナの1年だけあって、

すべての競馬ファンの、有馬記念の予想も、予想通りには、いかないかもしれない。

投票で選ばれた馬の面々も、みな、底力を持っている馬ばかり。

んーん、悩む。でも、この悩みも、むちゃくちゃ 楽しい(笑)。

競馬ファンは、この有馬記念を、なんとしても、獲りたいため、いろんなデータを元に、全集中で予想する。

そのため、2、3時間なんて、あっという間に時間がたつ。

なにごとも、この全集中をつかえば、どの道に進もうとも大抵のことは、そこそこの腕の持ち主になるだろう(笑)。

この年末、みなで、有馬記念をゲットすべく、予想するのは、ほんとに、楽しいもんである。

日曜日、15:25出走予定。

さて、今年の有馬記念は、どんなドラマが起こるのだろう。

今から、ワクワクもんである・・・☆


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 361 は…  (^∀^)

☆聖ステファノ
この聖人は、キリストを信じて最初の殉教者となった聖人。

◯属性: チュニック風衣装、香炉、赤い布、石、シュロ
(この聖人が守護する対象: 仏ブルージュ、石工と建築業者、助祭、頭痛に苦しむ人)
(この聖人のゆかり: 〜35年。使徒たちが並んだ7人の助祭のうち、最初に名前があげられているギリシャ語を話すユダヤ人。非常に有能な助祭として人々の信望を集め、また際立った弁舌の才をもつ熱心な説教者でもあったが、そのためユダヤ教徒の怒りと敵意を買い、キリスト教最初の殉教者となった。ユダヤ人の議会に連れていかれ、冒涜者として告発されて石打ちの刑に処された。石打ちの刑とは、手足や体ではなく頭を集中的に狙って石を投げる刑。頭痛の際に祈願される聖人であるのは、こうして殺されたときの鋭い痛みに由来する。同じくその処刑方法から石工の、また最初の7人の助祭のひとりだったので助祭の守護聖人でもある。ステファノの処刑に賛同した人々の中にサウロ、後の聖パウロがいた。ステファノの最後の祈りは「主よ、この罪を彼らに負わせたもうことなかれ」であった。その立派な態度はのちの殉教者の手本となった。フランス語では、ステファノはエティエンヌ、南仏ではエステーブ、スペイン語ではエステバンに変化する)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する