FC2ブログ

虚空蔵菩薩様の御加護にあやかり、おいしい年にしてくださいな(笑)・・・☆☆☆

  • 2020/12/24(木) 05:39:14

きょうは、少し冷えがゆるんだように感じる、はれ となった。

天気の良さに いざなわれたのか、きょうは、午前中のリモートで、40人ちょい、

昼からも、リモート2本で、70名ちょい、

夜に、40名弱で、約150名の、みなさんに、画面ごしに会った。

みんなコロナにかからず、この1年、無事、過ごせたみたいで、なによりであった。

一応、それぞれ、テーマを設けていたのだが、どの組も、来年のことを聞きたがったので、

来年の丑年と再来年の寅年の守本尊となる、虚空蔵菩薩様のおはなしをすることになった。

その際、まず本年、子年の守本尊の、千手観音様について、おはなしし、

この千手観音様は、実は観音菩薩様が、いつも人間を天から見ておられ、苦しむ人のもとへ、天地の善悪を表す33の姿に、変身されて現れ、慈悲心を示し、人々を救う仏様であるため、千手観音様の姿のほかに、十一面観音様になったり、如意輪観音様になったりして、
場所と相手に応じて救済する一面があり、

その観音菩薩様、正式には、観世音菩薩様、または観自在菩薩様からきた「慈悲心」を受け継いで、

そこに、虚空蔵菩薩様の、どこまでも無限に広がる大空のような智慧が加わり、人々の記憶力の質を高めたり、禍災いを除いたりして、人々の今まで眠っていた能力を引き出す仏様が、来年は、力を貸してくださるので、

安易な返事をしてしまうと 虚空蔵菩薩様の智慧を授かるだけの時間が足りず、

思わぬ結果を招いたり、災いごとのタネをまくことになってしまいやすいから、

あせって返事をすることのないように、との話しを、

鬼滅の刃や、仏陀の十大弟子や、白隠禅師や、空海などの名言をからめ、

それらを、モスバーガー、ミスタードーナツ、はたまた、コンビニの一つの商品の味にたとえ(笑)、

来年、自分で、自分の味を、しっかり出せるよう、

さらに わかりやすく、大阪のお好み焼きと、広島のお好み焼きで、それぞれ、なくてはならないもので、説いてさしあげた(超・大大大爆笑)))))。

みんなさん、自分のなかには、ちゃんと仏様が いてくれるのですよ。

その仏様に、カリカリや、ギシギシや、ベチャベチャや、ドバドバなど、

不快な音、不快な声、そして、不快な色を、聞かせたり、見せたりしませんように(爆笑)。

来年の丑年は、デラックスのタイミングを求めず、ネギ焼のタイミングで、焼きあげ、

おいしい年に、してくださいね(笑)。

ほな、良いお年を。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 359 は…  (^∀^)

☆聖チャーベル・マクーロフ
この聖人は、初代教会の教父たちにならって、聖ペトロと聖パウロの庵の近くに住まい、隠棲修道士となったレバノンの修道士。

◯属性: なし
(この聖人が守護する対象: なし)
(この聖人のゆかり: 1828〜1898年。ヨゼフ・ザルーン・マクーロフはレバノンのラバの御者の息子として生まれ、23才のときに聖マロン修道院に行き、2世紀のアンティオキア教会の殉教者の名前であるチャーベルを名乗り、模範的な修道士の生活を送った。つまり、厳格な服従と自己否定のかたわら、聖歌隊で歌い、修道院のブドウ畑とオリーブ果樹園で働いたのである。しかし、1875年に初代教会の教父たちが荒野で行った厳しい祈りと修行の生活を求めて、聖ペトロと聖パウロの庵の近くに住まい、隠棲修道士となる。真夜中の詩篇の朗誦、1日に1度だけの野菜の食事、年4回の長い断食、必要最小限のものしかない小さな部屋。23年にわたるその非常に厳しい生活のあと、1898年のクリスマス・イブの日に天に召された)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する