FC2ブログ

レアな日に、レアな場所にて、レアな祈願! ・・・☆☆☆

  • 2020/12/22(火) 01:22:02

きょう、冬至の大安吉日の朝は、きのうまでの風がなく、しんしんと冷えるなか、朝日があがってきた。

そんななか、冬至に大安吉日が重なるレアな良き日に、埼玉の八潮までいき、

ある世界の重鎮に迎えに来てもらい、

そこを知る人は、日本でわずかしかいない、とてもレアな神聖な場所に、厄疫厄除のご祈祷をしに伺った。

ぼくと縁があった みなさんが、この師走、国の医療が、今、限界に達してるなかで、

年末年始を迎えにあたり、コロナにかからないで良い年を迎えてほしい と 切なる思いがつのり、

こんなレアな状況で、願いを叶えてくださるのは ここしかない!と思い、

半紙7メートル分に、北は北海道から、南は、沖縄の離れ島まで、それぞれ縁があった人たちの名前を書いて、その重鎮と一緒に、ご祈祷を受けてきました。

重鎮が、帰りの車のなかで、夕方、
「おっ、上弦の月の お告げが降りたの。あとは、あきぃ、あれ、頼むぞ」といいながら、
もよりの駅まで、送ってくれた。

今年は、最後の最後まで、コロナに、この国は、襲われた。

でも、来年は、そうはいかない。

おれの念をこめた祈願で、年明けからの歳神様の お力を借りて、終息してもらうとしよう☆

みなさん、あらためて、マスク、手洗い、しっかり睡眠を・・・。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 357 は…  (^∀^)

☆聖女フランチェスカ=ザベリア・カブリーニ

この聖人は、アメリカ合衆国最初の聖女となった移民の守護聖女。
◯属性: なし
(この聖人が守護する対象: 米リンカーン、移民、病院経営者 )
(この聖人のゆかり: 1850〜1917年。北イタリアの農家に生まれ、宣教師を希望したが、病弱なため引き取り手がなかったので6人の仲間と共に布教修道女会を創立。修道女会経営の師範学校で教育を受け、教職についた。教皇レオ13世の承認と祝福を受け、彼の助言で1889年イタリア人移民への奉仕のためにニューヨーク、ニューオリンズ、デンバー、シカゴとアメリカ各地で移民のために多くの学校、孤児院、病院、修道院を開き、聖心の布教修道女会を発展させ、「移民の母」として慕われた)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する