FC2ブログ

師走に、願いを我が手に(笑) ・・・☆☆☆

  • 2020/12/14(月) 05:28:14



きょうは、朝方まで 大量のメールの返信をしていたら、

日が昇る前の東の空に 二八月を見た。

この月は、ニッと微笑んで見える月のため、
別名、ほほえみ月と呼ばれ、この月、条件がそろわないと、なかなか、見えないため、

運があがる月、ツキがあがる月とも云われる、お月様。
そこに、口元のホクロのように金星が輝いていた。

そんな、むちゃくちゃ縁起のイイお月様を見ながら飲むコーヒーは、最高の味がした◎

もぅ、阪神ジュベナイルFを、ゲットしたようなものである(笑)。

ちなみに、あしたの朝は、新月だが、この新月、日本の裏側で皆既日食となり、そこに、双子座の流星群が重なる。

皆既日食の新月に、流星群が重なるということは、周りが暗いため、
流れ星を、とても見やすいってこと。

このおっさんは、流れ星が流れているあいだの一瞬に願いごとをすれば、叶うと云われる いい伝えを信じているので、

あしたの朝方は、流れ星が流れているあいだ、なにを願うか、もぅすでに決めている。

くるくる○ーゆえ、

「どうか、10億を我が手に」と(笑)。

これを1秒代で、言えるよう、真剣に 練習している(笑)。

年末ジャンボ1等 前後賞合わせ、10億を我が手に、来年を迎えようと 

虎視眈々と、もくろんでいる(笑)。

流れ星への願いは、別に、目を閉じて願わなくてもいいので、

「どうか、10億を我が手に」を、心の声で、言いまくっているあいだに、

ひと筋の流れが流れれば、いいわけである。

きょう、ほほ笑み月を見たし、15日は、大安吉日も重なるし、

これは、クルでしょ☆☆☆

この師走に、そんな願いを、現実のモノにしようと、もくろむ、おっさんであった(笑)。

おしまいに、阪神ジュべナイルFは、3ライン無事ゲット!

このレース、実は白毛の馬が、G1レースを1着を獲れば、世界初がかかったレースだったのだが、

なんと、その世界初を成し遂げたのである。

その世界初を成し遂げた 馬の名を ぜひ みなさんも知っておいていただきたい。

その名は、2才の女の子、ソダシ という。

このソダシという名前の由来は、古代インドなどで使用されたサンスクリット語で、

純粋、輝きという意味なのだが、

その名の由来どおり、燦然と輝く、世界初の超が、100コぐらいつく、
偉業中の偉業を成し遂げた。

ほんとに、おめでとう。

そして、おっさんは、その偉業を成し遂げた、ソダシの単勝馬券を、見事に手にした。

この馬券は、一生ものの競馬お守りになるだろう。

この超縁起イイ馬券をもって、いざ、宝くじと、有馬記念を買うぞー(笑)

なんか、超レアなドラマが起こりそうな予感、ふふふ。


そのご利益、馬券を 添えて・・・☆☆☆☆☆☆☆



ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 349 は…  (^∀^)

☆(十字架の)聖ヨハネ
この聖人は、16世紀スペインが輩出した偉大な聖人のひとりで教会博士。

◯属性: 書物、鵞ペン、ワシ。
(この聖人が守護する対象: 詩人、歌手)
(この聖人のゆかり: 1542〜1591年。スペインのトレドの近くに生まれ、サラマンカン大学に学んだのち、21才でカルメル修道会に入り、修道士となった。4年後、アヴィラの聖女テレサと出会い感銘を受け、彼女と力を合わせて、カルメル会の改革に力を尽くした。穏健派に捕らえられてトレドの獄舎に幽閉されたこともあったが、屈することなく改革を進め、跣足カルメル会を発足させ、顧問となるが、晩年、職を解かれ、一修道士として死んだ。音楽が得意で、きれいな声で歌い、楽器の演奏もこなし、森のささやきや、水の流れ、星のきらめきなどを「無音の音楽」と名づけて楽しんだという)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する