FC2ブログ

リアル無限列車 ・・・ ☆☆☆

  • 2020/11/24(火) 01:02:08



きょうは、くもり のち はれ。

祝日の朝イチのミスタードーナッチョで、食いぎみの悩める恋多き娘っ子に、

まずは、自分のこころに、穢れがつかないよう、日々の行いについて、

鬼滅の刃を例にあげながら、優しく説いてさしあげた。

そして、13:06分に、博多駅に、鬼滅の刃 無限列車編に出てきた、

その無限列車が来るというので、博多駅へ。

3番ホームに立つと、大勢の人が、カメラ片手にホームを埋め尽くしていた。

反対側の2番ホームも、すきまがないほど、人で埋まっていた。

ホームに ベルが鳴り響いた。

すると、煙りをあげながら、リアル無限列車が、ゆっくりホームに入ってきた。

一斉に シャッターが切られる。

シュッ シュッ シュッ シュウゥー☆

圧巻の存在感。

カッコいいーっ!

やっぱ、リアル無限列車、たまらーん(笑)。

約20分間 停車ののち、無限列車が、来た道を反対に戻っていった。

去っていく、無限列車に、みなさんが、無限の笑顔が広がりますように、との願いを乗せていってもらった。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 329 は…  (^∀^)

☆聖女カトリーヌ・ラブーレ
この聖人は、修道院で修練中に、聖母マリアの出現を見て、奇跡のメダルを製作せよという啓示を得た修道女。
◯属性: メダル
(この聖人が守護する対象: 奇跡のメダル、虚弱者、高齢者)
(この聖人のゆかり: 1806〜1876年。フランス・ブルゴーニュの裕福な農家に生まれ、9才で母を亡くし、その後は彼女が家事をみていたが、1830年に愛徳姉妹会に入りパリの修道院に派遣された。修練中、礼拝堂で聖母の出現を見る。2回目の聖母出現のときに、奇跡のメダルを製作せよという啓示を得た。初のうちこそ彼女の話は相手にされなかったが、やがてパリ大司教の許可を得てメダル製造が始められた。この聖母マリアの姿が刻まれたメダルは非常に人気があり、多くの奇跡を呼び起こしたので、1836年にはパリ大司教区調査会から正式にメダルの起源と効果が認められた。彼女は、見た目は平凡で感情に流されない性格だったので、聖母マリアの幻視に説得力があったという)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する