FC2ブログ

ねじれ現象(笑) ・・・☆☆☆

  • 2020/11/17(火) 05:24:03

きょうの桜島は、ねずみ色の雲を、朝日が、金色に染めて昇ってきた。

ほんとに、桜島は、表情ゆたかである。

昼間の気温は、20℃越え。

まだまだ、半袖でも、風邪はひかない(笑)。

雪国の肌感覚を持っている人たちが、Go to キャンペーンで、

今、鹿児島に来たら、汗をびっしょりかきながら、観光することになるだろう。

そして、夜は、豚しゃぶ食べて、次の日は、指宿の砂風呂にいって、

ロックで、焼酎飲んで、極楽気分を味わいながら、ぐっすり眠りにつくことになる。

おれも、お酒が飲める身体なら、まちがいなく、そんな観光者になっていたと思う(笑)。

ところが、そうは、ならなかった。

お酒が飲めないおかげで、車での旅を、ずーっとすることが、できたといえる。

本来、コロナ禍でなければ、車で、この地に、訪れているはず。

車で、日本中を、何周も旅してきたおかげで、だいたい、その土地に行けば、
どういけば、会場に着くか、
どう抜ければ、早く、目的地に着くかが、わかる。

それが、わかるのをいいことに、その地区に住んでいる人間が、

今回、おれを、車に乗せ、地元の道を走り、あちこち、目的地まで乗せていってくれるのは、とてもありがたいのだが、

助手席に乗った瞬間、
地元の人間が、おれに、「どういけば、いいですけ?」と、地もぴー(地元ピープルの略)でないおれに、
目的地までの道を聞いてくる、ということが起きる(笑)。

おれは、ここの人間やないっちゅうねん。

おれに、道を聞くな、なめてんのか(笑)。

そのナビは、なんのためについてんねん(笑)。

と、そんな ねじれ現象が、旅をしていると起きる。

これも、旅のおもしろさだと、おっさんは、今回、桜島周辺で、学んでいる(笑)。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 322 は…  (^∀^)

☆聖エドマンド(エドムンド)
この聖人は、東アングリア(現イギリス)の王で、殉教者。デンマークのヴァイキングに棄教を迫られ、拒否して首を切り落とされたが、狼(熊)が、その首の番をしていたことから狼が、属性となった。
◯属性: 狼、熊
(この聖人が守護する対象: ペストに苦しむ人)
(この聖人のゆかり: 841〜870年。キリスト教徒の貴族の末裔として生まれ、855年14才の若さで東アングリアの王に選ばれ、869年にデンマークのヴァイキングに侵略され捕虜となり、キリスト教国を異教徒とわかち合うことを拒んだので、木に縛られ、矢で射られたあと、首を落とされた。彼の体は、多くのトゲをもつアザミのようだったどん云われる。1匹の狼(熊とも云われる)が、首の番をしていたと伝わる)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する