FC2ブログ

青空宿し ・・・☆☆☆

  • 2020/11/06(金) 07:03:10

きょうは、青空広がる秋晴れ。

気持ちいい青に、やっぱ、この時期の空の青色の青は、ほんとにイイと思った。

今年は、コロナのせいで、春先から、みんな、これからどうなるんだろう?という不安につつまれ、
その不安の表れのような、くもりの日が 春先から多かったイメージがある。

きのうは、流行語大賞のノミネートがあり、

当然といえば、当然だろうが、今年は、鬼滅の刃が、入った。

その鬼滅の刃の映画が、今も、上映されているが、

その映画のなかで、鬼たちと、生身の身体で闘う鬼殺隊たちの、心のなかに入りこむシーンがあるのだが、

そのとき、その主人公 炭治郎の心の世界は、きょうの天気のようだった。

主人公の炭治郎は、家族を、鬼に殺されているにもかかわらず、

きょうのような、青空広がる天気を、心に宿している。

今年、あと何回、イイ天気に出逢えるか わからないが、

きょうのような青空広がる天気に出逢えたときは、

炭治郎のように、心に、青空広がる世界を宿し、

コロナという鬼が、はびこる日常に、明るく、つっこんでいきたいものである。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 311 は…  (^∀^)

☆聖テオドロス
この聖人は、異教の礼拝を拒否したために殉教したローマの兵士。
◯属性: 竜と盾、槍、冠
(この聖人が守護する対象: 兵士)
(この聖人のゆかり: 〜303年。ローマ軍の兵士だったが、異教の礼拝を拒否したため、小アジアのエウカイタで捕らえられた。拘留中に大地母神キュベレの神殿に火をつけたので残酷な拷問にかけられたが、天の幻に励まされ、拷問に耐えたため、最後には生きたまま焼かれた。ドラゴンと戦ったという伝説がある)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する