FC2ブログ

健康ってやつは ・・・ ☆☆☆

  • 2020/10/22(木) 04:46:03

朝は冷えたが、昼にむけ、雲が多かったが、気温があがり、はれたり、くもったりの天気だった。

自由が丘のビルの屋上に、カフェテラスがあるところで、元広告代理店の副支店長をしていたNと待ち合わせた。

話しは、今、勤めている企画会社で、「コロナ禍のなかの健康」について、

アイディアにつまって、なんか、ヒントがほしいとのこと。

企画書を読んで、
「nさぁ、おまえ、なにを、もって健康とするか、わかってる?」と聞くと、

「いや、普通に、寝て起きて、今なら、熱がなくて、ダルくもなけりゃ、みんな健康なんじゃないっすかぁ」

「じゃあ、会社に出勤したら、上司から、自分のスキルを越えるような仕事を、1週間後に仕上げてくれって言われたら、昼も、食わずに、1週間やって、無事、できたとして、
その1週間、プレッシャーで睡眠時間も短く、栄養なんか度外視した物しか食わず、1週間、笑うことさえなく不規則な1週間をすごして、それって、健康かぁ?
たまたま、体力に任せて、身体がもったかもしれんが、実は、身体のなかに、腫瘍ができるスイッチを押してしまった1週間かもしれんし、
はたまた、窓際族で、体力も知力もいらない職場で、
1週間、あんなん仕事って言わんっていう仕事しかしてないのに、今のサラリーマンの62%強が、肩、目、腰など、なんらかの病いにかかってたり、
健康を害してしまうようなことを、知らず知らずやらかしてて、それって健康かぁ?
普段、頭の自分だけが健康って思ってるだけのやつ、健康かぁ?
1週間、笑うこと忘れてて、健康かぁ?
そういういろんな視点を、丁寧に、この企画は、根本から見てないから、
この企画を進めても、多くの婦人雑誌の健康コーナーの寄せ集めになるな。
そんなん、すでに 世に言われてる健康のパクリやんけ」と言うと、

「あきひろさん、なんか、見えてるんすか?
実際、この企画、おとつい、まさに、1週間で仕上げろって言われて、つまっちゃったんすよ。
で、あきひろさんに泣きついちゃったんすよねえー」

「おまえが、ずっこいのは、おまえの仕事の行き詰まりを、おれと話すことで、おれに、健康の思考の仕事をさせて、あとは、おまえは、きょうおれがしゃべったことを、マル移しで、企画書に仕上げようという魂胆が見えてるのに、隠そうとするとこや、ボケぇ」

「すんません。でも、ほんとに、健康って、よくわかんなくて」

「なんで、最初から、素直にそう言わん!
ほんまの健康って、今の大人は、つきつめたことないから、おまえと一緒で、よう、わかってない。

この点や! この視点をそのまんま、「健康って よくわかんない」ってタイトルつけて、

男性の健康、女性の健康、子どもの健康、青春真っ只中の若いやつらの健康、

前期高齢者の健康、後期高齢者の健康と、

あと、コロナ前と、コロナ後の健康、春夏秋冬の健康など、

締め切りまでの、残りの日数で調べて、

調べたことから見えたことを、有名大学の医者の先生に、ぶつけてみ。

そしたら、コロナ禍の最新の、気をつける健康と、健康に気をつけるの違いで、まとめられる」と言うと、

「えっ、すんません。もぅ1回言ってもらっていいっすか?」

「おまえ、すでに、病んでるんちゃうかぁ、こんな大事なヒントを聞きのがしやがって(笑)」と、
そのあと、nが、すでに不健康な箇所があることを、ちょっと話して、
自分の調子の悪さ、良さに すぐ気がつくやつは、健康、
おまえみたいに、まったく気がつかんやつは、不健康ともいえる、と
大ヒントもあたえ、別れた。

帰り道、自分の身体のシグナルに気がつく人か、つかない人か、
nは、そのどっちを、健康タイプとするか、
これからの取材で 運よくわかりますように、と、

雲の隙間から、ちょっとだけ見えた、三日月に、願掛けしといてあげた。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 296 は…  (^∀^)

☆聖クリスピヌス と 聖クリスピニアヌス
この聖人は、靴の修理人に扮してフランスで布教に努めた宣教師の兄弟。
◯属性: 修理しているクツと、クツ型
(この聖人が守護する対象: 仏ソワッソン、靴屋、靴職人、皮革業者、皮革職人)
(この聖人のゆかり:~286年。クマシミアヌス帝の迫害時代にローマで没した兄弟殉教者6世紀ごろフランスのソワッソンに彼らの聖遺物が移され教会が建てられから、崇敬が広まり中世には、人気の聖人となった。伝説によると、信仰を広めるため靴修理をならい、ソワッソンで開業した。靴職人をしながら宣教し、貧者には無料で修理したので、たちまち人気の店となった。やがてローマ皇帝クマシミアヌスに捕まり拷問され殉教した。鉛を溶かした釜に入れられても、爪をはがされても耐え抜いたので、最後は、斬首されたという)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する