FC2ブログ

お導き ・・・☆☆☆

  • 2020/09/24(木) 03:30:12

きょうは、台風の影響を もろに受け、関東の空は、さえなかった。

天気は、さえなかったが、好意にしている神社から、秋大祭の案内をいただいていたのでお詣りにあがり、普段はあがれない拝殿での、参拝をさせていただいた。

玉串を捧げて祈願すると、急に、鼻からの空気が肺まで一気に通る感じがして、
リラックス状態になり、かなり、ふわふわした。

玉串には、邪気を祓ったり、浄化したりする作用があると云われているが、
その作用が働いたのかなと思う。

このお彼岸期間、ほんとに、神様、仏様に、ご利益や、ご加護を授けていただくことが増え、
ありがたいことだらけである。

その祈願のあと、食事に、おとものみんなと、一緒にいったのだが、

きょうの神様が、用意してくれた流れは、おから から 焼肉という流れだった(笑)。

こういうとき、もし、神詣りのあとは、予約しているお店にいって、みんなに、あそこのお店のあのメニューを、みんなに食べてもらって喜んでもらおうと思っている人が、
詣りが、終わって、そのお店に連れていって、
まず、目的のメニューを人数分注文したら、
店員さんから、「あっ、すいません、きょう、それはありません」と言われたら、
そのお店を予約した人は、だったら予約したときに、ないって言ってくれよ、と
たいていはなると思う。

このとき、この予約を入れた人は、ついさっき、拝殿で邪気を祓ってもらったのに、
もぅ、文句を言ってしまうぐらい、邪気った心の状態になる。

だから、本来は、お詣りしたあとは、流れにまかせ、
そのあとの食事は予約せず、そのときの神様が用意してくれた流れに乗ると、
おからを食べることになるお店にちょっと呼ばれ、そのお店をすぐ出て、
次なるお店が、始めていく焼き肉屋さんに導かれ、そこで、最高の食事の時間が授かったりする。

これ、予約を入れていたら、こんなドラマチックな、食は、決して授かることはないだろう。

お詣りに行ったときは、その神様、その仏様に、身をまかせると、
きょうのような、至福のひとときを授かりやすい。

そうすりゃ 間違いなく 神様が 必要なタイミングで、必要な場所に導いてくださるから(笑)。

ただ、今は、多くの人が、予定を組み、その予定どおりにいかないと、気にくわない気持ちを宿す、スケジュール中毒の人にとっては、
お詣りのあとに、流れに身を任せるのは、なかなかできないと思うので、
そのスケジュール中毒のタイプの人は、
お詣りのあとは、スケジュールどおりにいかないことが起きても、
決して、文句を言ったり、イラっとしたり、怒ったり、しませんように。

お詣りのあとは、神様も、オレも、つきあわせてもらおって、ついて来てくれてるんだろうなと思う☆


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 268 は…  (^∀^)

☆(ラドネシの)聖セルゲイ(ゼルギウス)
この聖人は、ロシアに多くの修道院を建てたモスクワ大司教で、ロシア最大の聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象: 農民)
(この聖人のゆかり:1314~1392年。ロシアで生まれ、20才のとき、兄のステファンとともに、近くの森に「聖三位一体」に捧げられた木造の小さな聖堂と丸太小屋を建て修道生活を始めた。兄は途中で断念したが、セルゲイは、修行を続け、やがて弟子たちと40にのぼる修道院を創設した。名は広まり、1378年にモスクワの総大司教に推された。素朴で謙虚でマジメで優しく、人付き合いもよかったので「農民の聖人」として、ロシア中から愛された)

この記事に対するコメント

これなぁに?

ネズミ年の仙人と毎日ご紹介ありますがこれなぁーに?

  • 投稿者: みえけんちゃん
  • 2020/09/24(木) 19:03:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する