FC2ブログ

 一礼といういただきもの ・・・☆☆☆

  • 2020/09/11(金) 03:08:16

きょうは、晴れるなら、晴れてくれっていいたい、くもりの天気だった。

でも、大安吉日で、立春から数えて二百二十日だったので、

この二百二十日、昔は、これからの実りの秋、あと少しで、収穫ってときに、
台風の被害に遭わないよう願ったり、海が荒れることなく、旬の魚があがりますように、と
ひとつの目安として、神社に願いにあがる日であるため、

おっさんも、祈願しに、陸海空と、3つの神社に、お詣りにあがった。

もぅ、この前の、台風10号クラスのバカデカイ台風は、ほんとに、来ないでほしい。

また、秋雨前線の刺激による、集中豪雨被害や、川の氾濫も、ごめんである。

3つ目の神社は、ひと仕事終えたのが夜だったので、神社に着くと、灯籠にあかりが灯り、
夜詣りとなった。

そのとき、二礼二拍手一礼して、階段を降りたら、神職さんが通られ、

こっちに向きなおされ、「菊詣り、ありがとうございます」と、なんとも神職さんらしい言葉であいさつしていただいたので、こちらも、

「きょうは、二百二十日でもあり、大安吉日でもあったので、お詣りにあがらせていただきました」と言ったら、

「それは、それは、わたしも、きょうは、朝夕の祝詞は、大きな被害がないよう誓言させていただきました」と。

神職さんと別れ、参道を戻り、最後の鳥居をくぐって、振り返って、一礼しようとしたら、
さっきの神職さんが、深々と、一礼されていた。

その一礼に、こちらも、一礼を合わさせていただいた。

良きお詣りとなり、心に、あったかいいただきものを、いただいた気がした。

ありがとうございました。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 255 は…  (^∀^)

☆(アンデルレヒトの)聖ギー(グイド)
この聖人は、農民の息子でエルサレムに巡礼したあと、故郷で没すると、墓から奇跡が起こった聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:辻馬車の御者)
(この聖人のゆかり:950~1012年。ベルギーのブラバンドで貧しい農民の子として生まれ、1012年アンデルレヒトに埋葬された。商業投機に誘われて、失敗し、破産して7年間、聖堂から聖堂へ放浪し、エルサレムにも足を伸ばしたが、故郷に帰り亡くなった。そんなギーが、なぜ聖人になったのかは、不明だが、没したあとから、彼のお墓参りをした者たちが、次々に奇跡が起き、崇拝が始まった。そして、馬とのかかわりを持つ多くの民話がつくられていった)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する