FC2ブログ

あきひろワクチン(笑) ・・・☆☆☆

  • 2020/09/05(土) 04:20:12

きょうも、台風10号の湿った空気が入り、むちゃくちゃ暑い日となった。

朝5時すぎに、鳥取の、「なんか妖怪」チームのリーダー、?もんめんから

7:30~8:00までに、青森の あーねぷたチームの、まゆげ、
福島の キャベジンチームの きくらげ、
北海道は、音威子府の こぐままの くま子、
長野は飯田の のどうーるの ほっぺ、
愛媛の どうも道後の じゃすみん、
長崎の五島列島は、 缶詰の えび汁、
広島は、伯方の ちーず、
岐阜は、飛騨の カラカラ、
福井は、敦賀の フレーム から、

「あきひろ神様、お元気ですか (中略) こっちは、もぅ みんな限界です。1日も早く、あきひろワクチンが、必要な状況です」なる、よく似たメールがあり、

それからも、きょうは、大安吉日やっちゅうのに、どないなってんねんっていうぐらい、夜まで、続々とメールがあり、

あちこちから、「神様に、会って元気を わけていただきたいです」とか、
「あきひろさんの言魂で、コロナに説教して、滅してください」とか、

そんなメールが、重なった。

和歌山のオトキ、島根のカジ、京都のミン、奈良のあび、岐阜のツツ、千葉のガンダム、茨城のトト、山形のカッパ、掛川のゲタ、浜名湖のしじみ、桂浜のジャリ、姫路のオカン、萩のコノミ、竹原のバーム、岸和田のゼニ、射水の魔魔、宇和島のカステラ、沖縄のタキ、もちもち、京丹後のおでん、宝塚の目ヤニ、阿波の次郎、備前のお焼き、北九州のトイレ、境港のポロン、青葉区のダメ子、鳴門のマッチ、陸前の三つ葉、軽井沢のマダム、新城のラパン、酒井のブルマ、多治見のドンマイ、犬山のおし校長、今治の養殖、杉並区のIQ、桜井のタムシ、
周南のポカリ、高梁のいやぁん、富田林のあんこ、天草のティ&ディ、伊万里のアゴ、T局のヤス、甲賀のホットケーキ姉妹、宮崎の邪気乃、福山のサダ、明石のわかめ、佐伯のキャン、
糸魚川のガン子、串本のイワシ、多治見のウツボ、仙台のB6、阪大の古事記、勝浦のメバル、大田区のモス、たつののベソ、

みんな、連絡 おおきに。

おれは、ミトコンドリアがデカイから、今のところ、元気で ワイワイやらしてもらってる(笑)。

また、縁あったときに、

とびっきり良質の あきひろ言霊(ワクチン)を、お届けするから、

みんな 楽しみに 待っててやぁ。

ほな次、会うまで、みんな、しっかり寝て、しっかり旬のもので精つけて、しっかり笑って、

ちょっとしたことでイラっとせんと、明るく元気で、過ごすねんでぇー☆

とにかく、9月から、邪気らんように(笑)。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 249 は…  (^∀^)

☆聖マグヌス(マング)
この聖人は、魔法の棒を持って野原を歩くと、コガネムシ、アブラムシなど害虫や野ネズミなどの害虫が退治されたといわれるドイツの聖人
◯属性:棒
(この聖人が守護する対象:害虫駆除業者、家畜、目を患う人、ヘビに咬まれた人)
(この聖人のゆかり:699~772年。バイエルンなどで布教活動をし、フュッセンに小さな修道院を建て、ローマへの巡礼者の宿に供した。この修道院は、のちにザンクト・マング修道院と発展した。聖コロンバン、あるいは聖ガルから伝えられた聖なる棒を持っていたといわれ、この棒で害虫を駆除した。この「マグヌスの棒」への農民たちの信仰はあつく、そのコピーがつくられたほど)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する