FC2ブログ

8番のおばちゃん ・・・☆☆☆

  • 2020/07/29(水) 05:13:02

夕方、パラパラ雨のなか、モスバーガーで、人と待ち合わせ、

待ち合わせのお相手は、ちょうど、レジがすみ、先に席を取りにいってくれて、

おれも、コーヒーシェイクを頼もうと、レジに並んだ。

おれの前には、まだ、3人並んでいたのだが、レジは、2カ所あるうち、ひとつしか開いていなかった。

そしたら、おれの前にいた、60前後のおばちゃんが、ちょうど、トレーに、出来上がった注文のハンバーガーをトレーに乗せ、カウンターから出てきた30代前半ぐらいの店員さんに、
「その注文を、届けたら、もぅ一つのレジを開けてくださらないかしら?」と、
絶妙なタイミングで、声をかけた。

その店員さんは、「あ、はぃ、少々お待ち下さい」というと、5番の番号札をあげてる机のお客さんの元へ、トレーを持っていった。

そのあいだに、先頭のレジがすみ、のこり2人。

と、注文を届けた、店員さんが戻ってきて、もうひとつのレジを開けると思いきや、
開けずに、厨房の奥へ入っていってしまった。

しばらく待っても、レジを開けにこない。先頭のレジが終わり、次は、おれの前にいた、そのおばちゃん。

おばちゃん、淡々と、注文して、8番の札を渡され、空いてる席に向かった。

おれのコーヒーシェイクは、お会計を済ませているあいだにできあがり、
おつりと一緒に渡されたので、
待ち合わせている人の席に向かうと、おれらの席の隣りに、
あの8番のおばちゃんがいた。

待ち合わせていた相手と、近況ばなしをしていたら、

あの厨房の奥へ入っていった店員が、「8番のお客様、お待たせしました」といいながら、
注文をトレーに乗せ、おばちゃんの席まで持ってきた。

と、同時に「あの、」と、おばちゃんが、店員さんに声をかけた。

店員さんと、おばちゃんの目が合った。

すると、「さっきは、忙しいときに、声をかけちゃって、ごめんなさいね」と、笑顔で言っのである。

それを聞いた30代前半ぐらいの女性の店員が
「あっ、申し訳ございませんでした。この時間、中で注文を作れるのが、わたしだけなものですから」

「そうだったのね、たいへんね、あわてて、ヤケドしないでね」

「ありがとうございます。ごゆっくりなさってください」というと、
その店員さんは、また、厨房に戻っていった。

おれは、てっきり、8番のおばちゃんが、文句でもいうのかと思ったが、

あの イイ笑顔をみた瞬間、人の良さを感じた。

みんなが、ギスギスしがちな、ウィズコロナのなか、
イイ感じの人の触れ合いを見れた、コーヒーシェイクは、
格別に、うまかった。

みなさんも、笑顔での人の触れ合いを。

ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 211 は…  (^∀^)

☆聖ペトロ・クリソロゴ(ペトルス・クリソロゴス)
この聖人は、教皇が神の啓示を受けて、助祭から選んだラヴェンナの司教。熱病と狂犬病の際に祈願する。説教集を多く残したのでクリソロゴ(黄金の言葉)と 呼ばれる。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:熱病、狂犬病に苦しむ人)
(この聖人のゆかり:400~450年、イタリア・モラルで生まれる。イモラの司教コルネリオから幼児洗礼を受け、青年時代に聖職者となった。435年、西ローマ帝国の首都ラヴェンナの司教の後継者選挙があり、教皇シスト3世が神の啓示を受けて選んだのは、選挙の当選者ではなく、助祭のペトロであった。こうして、ペトロは司教としてラヴェンナに着くと、市民たちは神に選ばれた新司教を郊外まで出迎えて歓迎した)

この記事に対するコメント

心に響きました!

8番のおばちゃん、素敵です!
私なら、文句言ってしまってます★

あきひろさんに、今年は愚痴を言わないようにと教えていただいたことも、
合格点いくのかどうかのところを、うろうろしているような私。

このおばちゃんのような心を持ちたいです!
朝から素敵なお話、ありがとうございました。

  • 投稿者: ひよっこ
  • 2020/07/29(水) 05:45:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する