FC2ブログ

まだ、わからないが、五感とはちがう、なにが、しずしずと、増えた感じがする ・・・☆☆☆

  • 2020/07/24(金) 03:08:09

きょうは、朝から、パラパラ雨がふり、蒸し暑い、くもりとなった。

ようやく、法事ごとが終わり、一息つけるかとおもいきや、

そうは、問屋が卸さないわな(笑)。

次から、次に、卸しごとをさばいた。

で、ありがたいことに、能力が発動し、今までなら、

水は、水で裁き、油は、油で裁いていたことが、

でも、同じ「液体でしょ」っていう点が ハッキリわかるので、

まったく別の用事の共通点に 気がつけたおかげで、

スムーズかつ、あざやかに、用事を裁くことができ、

そのおかげで、この法事のあいだにきていた大量のメールの返信もしながら、

無理なく、用事を裁き切れることができた。

裁ききって、アイスコーヒーを飲みながら、一服しながら、西の空を見ていたら、

山と、くもりの雲のあいだから、真夏を知らせる夕焼けが顔を出し、

「おつかれさん。天からいいもん もらったね。まだまだ それ、いろんな使い方ができるから」と、教えてくれたので、

「あのさぁお天道様ぁ、この能力で、コロナ瞬殺できる方法教えてーや」といったのだが、

お天道様、それには、こたえてくれなかったので、

はい、はい、お決まりのだんまりですか。
ほな、また自分で、こたえを見つけまっさ、と、毒づいておいた(笑)。

  
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 206 は、2人の聖人です…  (^∀^)

ひとり目は、
☆聖(大)ヤコブ
この聖人は、12使徒のひとり。福音書記者ヨハネの兄弟。8世紀にスペインで墓が発見され、その聖遺物によって多くの病気が癒されたことから、その聖地、サンティアゴ・デ・コンポステラは、ヨーロッパ最大の巡礼地となった。
◯属性:巡礼者の杖、ホタテ貝
(この聖人が守護する対象:スペイン、巡礼、農民、牧人、リューマチに苦しむ人)
(この聖人のゆかり:44年ごろ、ガリラヤ湖畔の船の中で網をつくろっているとき、イエスに呼ばれて、すぐに父を捨て、イエスに従った。使徒のなかで最初の殉教者で、イエスのいとこのヤコブと区別するため、大ヤコブと呼ばれ、イエスの処刑後、ヤコブは、イスラエル北部で伝道活動をしていたが、パレスチナ王ヘロデのキリスト教弾圧により斬首となった)

ふたり目は、
☆聖クリストフォロス(クリストフォロ)
この聖人は、ヨーロッパで最も人気のある14救難聖人のひとり。子どもに化身して、イエスを背負って川を渡ったといわれる。
○属性:葉の生えた棒
(この聖人が守護する対象:ドライバー、自動車関係者、旅行者、巡礼者、子ども、腺ペストに苦しむ人)
(この聖人のゆかり:250年、パレスチナで生まれ、身長5mを越す巨人で、外出するときには、立木を引き抜き杖とした。皇帝の用心棒を務めていたが、皇帝が芸人の歌う悪魔におびえる姿を見て悪魔に仕えることにした。ところが、悪魔も白い十字架を見ると震えるので、次に十字架にかけられているイエスに仕えることを決意し、隠棲修道士に教えを請うた。隠棲修道士は、まず人の役に立つことを勧め、彼を流れの激しい川の守衛にした。
あるとき、ひとりの子どもを背中に乗せて運んでいると、その子どもがだんだん重くなり、ついには、世界全体をかついでいる感じになったが、なんとか向こう岸にたどり着いた。すると、その子どもは、お前はたんに世界全体を背負っていたのではなく、それを創造した者を背負っていたのだと、そしてわたしはイエスであると言われ、やりかけた仕事をやりとげなさいと命じた。そして、その言葉のしるしとして、杖を岸辺に植えるようにいったので、彼がその指示に従ったところ、次の日には、杖から花が咲きナツメヤシが実った。
以後、彼は、キリストを背負う者との意味であるクリストフォロスと名乗り、イエスの教えに従って小アジアのリキアで殉教した。中世では、教会の北壁に掲げられた聖クリストフォロスの姿を見るだけで、その日は、事故に遭わず、病死もしないと信じられた。この信仰は、20世紀に入ると自動車会社や、交通安全のお守りとなっていった)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する