FC2ブログ

みんな元気でいてくれるのは、いいもんだ ・・・☆☆☆

  • 2020/07/17(金) 01:34:04

きょうは、5月の涼しさを感じる くもりの日だった。

リモートで、各地の人たちが、「元気です」と、言ってくれると、

とりあえず、ほっとするし、元気でいてくれて良かったと素直に思える。

と同時に、慣れないながらも、リモートをして、画面ごしに会えるのは、
よかったと思う。

パソコンに詳しい人たちに、教えてもらいながら、なんとか文明の利器に、ついていっている。

きょうは、これからしばらくコロナの日々を送っていく上で、
妻であるわたし、母であるわたしが、コロナにかかったときのことを、
元気なうちに、家族に、なにを話しておいたほうがいいのか、
そんなところを、心構えとともに、備えの、おはなしをした。

リモート寺子屋が、終わってから、蒲田に行き、
3年前に、小さなやきとり居酒屋を始めた夫婦の悩みを聞きにいき、

悩みをよく聞くと、夫側の悩みと、嫁側の悩みとに、大きな違いが浮き彫りになり、
それぞれの悩みの根幹に、気がつくようにおはなしし、
考えていることの何を断捨離すればいいのか、
何を見つめ、そこを、どう対応すればいいのか、

具体的に、事に向かえるよう、考えを整理してあげた。

夫も、嫁も、ひとすじの光を見つけてくれたようで、

「先生、今、とっておきのやつ、焼くから」と、元気に言い、
特別な、やきとりを、ふるまっていただけた。

帰り道、蒲田駅近くの飲み屋街で、

中年の酔っ払って歩いているサラリーマン3人が、マスクを、眼帯のように左目を隠すようにつけ、
そのうちの1人が、
「コロナーっ、おれの、家族を襲ったら、承知しねーぞー」と、元気な声で吠えていた(笑)。

あのお父さん、あぶないといわれる夜の街に、自分のストレスを、ガスぬきするために飲みに行きながらも、家族を心配しているんだなぁと思った。

  
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 199 は…  (^∀^)

☆聖アルヌール
この聖人は、陰謀渦巻くメロヴィング王朝の宮廷を離れ、森に隠棲して、祈りの生活を送った司教。
◯属性:指輪を口にくわえた魚
(この聖人が守護する対象:ビール製造業者、製粉業者、物を失くした人)
(この聖人のゆかり:北フランスのメッスでテオドベール2世とクロテール1世の臣下として働き、メッスの司教となるが、クロテールの王子のダゴベールが王位につくと、それを機に宮廷を離れ、友人の聖ロマリクスとともにルミールモンの森に隠棲して、たがいに隣り合った丘の上に棲んで、鳥たちを友として祈りを捧げた)





この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する