FC2ブログ

ウィズ・コロナの夏 ・・・☆☆☆

  • 2020/07/14(火) 05:01:08

すずしいくもりの日になった。

日本中で、また、にわかに感染者が増えはじめた。

3月から6月までは、高齢者、今月からは、圧倒的に 若者。

これで、梅雨が明けたとき、短縮とはいえ夏休みを迎える、18才までの青年小が、
かかり始めると、日本中、全世代が、かかり、

日本の夏は、ウィズ・コロナの夏になる。

蚊にさされる場合、そこが、カユくなるから、どこをさされたのか、すぐわかる。

でも、コロナは、熱っぽい感じがでればいいが、でない場合もあり、かかったかどうか、わかりにくい面もある。

この夏、コロナも、蚊に、さされることを、防ぐに等しい、状態に近い。

夏の期間で、毎日、外に出て、蚊に一度も、さされずに 乗り切るのは、
毎回、長袖、長ズボンに、手袋、マスクをつけて、出ないと、なかなか大変である。

これからの外出は、どこに行っても、かかる可能性が高いので、
あれ、なんか熱があるかもと、いつもと違う身体の状態に気がついたら、

家族中で、病院にいき、家族全員、まず、PCR検査を受けて、陽性となれば、
大至急、過去3日に、会った人たちで、連絡先が、わかる人に電話して、
「病院で診てもらってほしい」と告げるまでが、大人の責任である。

その電話は、会社は、もちろん、パート先、我が子の学校、ご近所さん、
勇気をもってする必要がある。

この連絡を、コロナにかかった若い人らは、かっこ悪いから、いじめられたらイヤだからと、連絡しないため、シチュウ感染が、各地で、広がっている。

なんと、自分勝手な、若気の至りであろう。

その電話をする勇気がないために、日本中に、コロナ感染者を増やす、
お手伝い者が、毎日、出ている。

外出する際は、ほんとに、気をつけて、おでかけくださいね。

また、外から帰ってきたら、免疫力を調えるため、まずは、ぐっすり寝てくださいな。

国は、感染者が、のべ10万人まで、2度目の緊急宣言を発出するつもりはないはずだから。

   
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 196 は…  (^∀^)

☆聖ボナヴェントゥラ
この聖人は、中世最大の神学者、教会博士のひとり。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:労働者、ポーター、絹糸織工、子ども、神学者)
(この聖人のゆかり:イタリアはカストーナで生まれ、ヨハネと名づけられたが、大病を患い母にアッシジの聖フランチェスコのもとに連れていき、病気を治してくれたら、息子を修道会に捧げますと誓った。聖フランチェスコが抱き上げ祝福すると、子どもはたちまち全快し、フランチェスコも思わず「ボナ・ヴェントゥラ(運がよかった) !」と叫んだので、以後、ボナヴェントゥラと呼ばれた。25才でフランシスコ会に入り、パリで神学を学び司祭となり、フランシスコ修道会総長に選ばれ、最高の知性を備えながら謙虚であったためみんなに尊敬された。聖トマス・アクィナスと並びスコラ派の神学者で「セラフィム的博士」と呼ばれる)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する