FC2ブログ

きょうも、みんな、目にみえない山を、登っている ・・・☆☆☆

  • 2020/06/29(月) 01:45:11

朝から、かなりの雨。少し前の梅雨の雨なら、気温もさがり、梅雨寒となったが、
きょうの雨は、気温も高めの雨だったため、カサをさして歩いているだけでも、
Tシャツの下で汗をかいた。
そして、その雨は、昼過ぎから、不快指数を上げるだけ上げて引いていった。

そんななか、ミニバレーをして、珍プレーが起きるたび、何度も大笑いをし、汗をたっぷりかいた。

そして、ノドがカラカラで、気の合う仲間たちと、最近ハマっている、
薄いのから、濃いのまで、なにがあたるかわからないグラデーション・アイスコーヒーと、
冷やし中華を食べにいった。

汗をかいた ホテった身体に、このアイスコーヒーと冷やし中華は、
すわぃこぅである(笑)。

胃袋も、ノドも満たると、おはなしも、多義にわたり質の高いおはなしになり、
心身ともに、有意義な ひとときとなった。

その帰り道、南の空に、ひときわ輝く木星をみながら、
しみじみ、いろんな地区に旅し、いろんな人に会い、いろんな本に
出逢えてきて、ほんとに 良かったと思った。

今、出逢えている人たちは、いにしえのころより、この令和で、
巡り逢う なにかの、因果が、調っているあかしといった、仙人がいたが、

ほんとに、そうだなぁと、思う。

人生は、今を生きる日が、その人、その人で、みんなちがう。

だからこそ、きょう出逢えた人と、ともに、

今、笑い逢えることは、仏様が好んでやまない、

須弥山という山を、日々、登っている感がある。


   
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 181 は…  (^∀^)

☆(リモージュの)聖マルシアル
この聖人は、初期キリスト教の時代にガリア地方(フランス)を宣教したリモージュの初代司教。さまざまな奇跡を起こしたとされる聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:仏リモージュ)
(この聖人のゆかり:3世紀なかごろ、ローマからガリア地方に7人の宣教師が送られたが、マルシアルはそのうちのひとり。現在のリモージュ市は、彼の墓を中心に発展し、今でもリモージュの大聖堂の北に、聖ステファノと並んで彼の肖像画が描かれた大きなゴシック様式の扉がある。また、聖ぺトロの杖でローマ地方総督の亡くなった息子をよみがえらせたという伝説や、福音書に出てくる5匹の魚と、ふたつのパンをイエスのもとに持ってきた若者であり、イエスの72人の弟子のひとりとする説もある)



この記事に対するコメント

出会いーーッ!

あきちゃーーん( ´ ▽ ` )!

人やモノや景色と出会って 自分の人生が今ここに在るって、幸せですねー!
誰かを羨むことなく、私の人生サイコー(すわぃこー!)って実感出来る今にありがとうの気持ちです!

昔のアニメ『とんがり帽子のメモル』の歌詞が浮かんできました。
🎵人生はオモチャ箱、なにがなにがとびだすのかなー🎶楽しく陽気に口ずさんでいた小さいころの私。これから先も陽気に人生楽しもうっと!

あきちゃんとのご縁に感謝いたします(о´∀`о)

  • 投稿者: ピチピチのりこ☆
  • 2020/06/30(火) 17:03:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する