FC2ブログ

ママが、わるいーっ(そのとおり(笑)) ・・・☆☆☆

  • 2020/06/27(土) 01:49:03

地下鉄の階段をあがったとき、30代前半のお母さんと、3才ぐらいの男の子が目に入り、
あったと思ったら、お母さんが、男の子の右手を、無理矢理、ぐいっと引っ張った。

そしたら、お母さんの手から、男の子の右手がすっぽ抜け、男の子は、バランスを崩し、
顔から、大理石のフロアに、ペターンって音がするコケ方をした。

顔を打って、すぐ、首だけおこして、一瞬の間があって、
「びやあーん、うわあああーん、うっん、うわあーん、わんわん、うわーん」と当然、大泣きして、その泣き声は、証券会社の1階フロア中に、響いた。

みんなが、泣き声の方をみた瞬間、そのお母さんは、
「誰が わるいのー!ママの手を離すからでしょ! こうなったのは、誰のせぃ?」と言ったのである。

おっさんは、間違いなく、おまえのせいやろ!って、声がもれた。

「うぇん、うぇん、んーば、ば、ば、うあぁーん、
ば、ば、ばばがわるいーっ、うわーん」

「誰が わるいって?あなたでしょ、誰が わるいの、泣いてないで、ちゃんといいなさい!
わるいのは?おうちで、いつも、言ってるとおり言いなさい!」

「うわーん、ん?うぇん、うぁん、んー、ヒッ、ヒッ、んぐんっ、ヒッ、ヒッ」

「早く、誰が、わるかったの!ちゃんと自分の口で言いなさい!」

そのセリフに、まさか、こんだけのサラリーマンの視線の中で、
このお母さん、「ぼくが、わるいー、ごめんなさい」って言わさそうとしてるのか、と思った、その瞬間、

「ングっ、ヒッ、ヒッ、ばっ、まっ、・・・、ママが、わるいーっ、ママがわるいーっ、
うわー、ママがわるいーっ、いつも、ママがわるいーっ、うわーん」と、
男の子は、大正解の、誰が わるいかを、はっきり、大声で言った。

その瞬間、サラリーマンや、他の女性たちも、「そのとおり」といわんばかりに、
うんうんと、うなづき、微笑んで、去っていった。

そのお母さんは、かなきり声で
「どうして、ママがわるいの!○○ちゃんが、いつもいつも、無理をいうからでしょ。
ママにあやまりなさい!なに、そのふくれっ面わぁ」とか、言っていたが、

誰が、見たって、あの子が言うように、

「いつも、ママが、わるいー」なんだろうね。

それにしても、あの男の子の声と、セリフ、

このおっさんの、胸のつかえを、スッキリしてくれた(笑)。

このエピソード、ほんまに、テレビに応募したくなる、胸のすく、ワンシーンだった。

「子どもは、正直」とは、まさに◎

   
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 179 は…  (^∀^)

☆(リヨンの)聖イレネウス(イレネー)
この聖人は、聖ポリカルポを師と仰ぐ2世紀のフランスの大神学者。使徒聖ヨハネの孫弟子に当たる。名文家で、神の愛を語った文章は今なお読み継がれている。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:仏リヨン)
(この聖人のゆかり:イエスの使徒聖ヨハネの信仰を受け継いだ聖ポリカルポの姿と声、聖ヨハネから学んだ言葉を完全に心におさめ、それを魂の一部とした。司教となり、美しい文で多くの神学書を残した)



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する