FC2ブログ

精をつくものを食 べて ・・・☆☆☆

  • 2020/06/08(月) 01:28:03

朝早くは、雨が降りそうな、くもりだったが、

その後は、ナイス晴れとなり、

アイスコーヒーが おいしい気候となった。

ビールが好きな人は、これからの季節、

きょうみたいな日は、自宅で クーっといいながら、

ほどよい 気持ちよさを味わうのだろう。

この梅雨に入るか、入らないかの時期を、

二十四節季が、生活にとけこんでいた昔は、

この時期のことを「芒種(ぼうしゅ)」と言った。

農家では、この時期に、田植えを行うため、夏前に活気があふれた時期でもある。

このおっさんも、コロナ社会の真夏にむけ、

夏バテすることなく、活気あふれようと、

きょうは、うなぎを食べた◎

そのうなぎ、気候も良かったため、つい 話すことさえ忘れるほどの 美味さだった ☆☆☆
 
今年の夏は、今まで体験したことのない コロナの夏場を しのがなきゃならないので、

みなさんも、精のつくものを食べて、

明るく、夏場を 迎えてくださいね。

Kちゃん、おつかれさんなぁ。また、ワイワイやろう☆

  

ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 160 は…  (^∀^)

☆(イオナの)聖コルンバヌス(コルンバ)
この聖人は、十字架の力でネス湖の怪獣を追い払ったことで知られるケルトのキリスト教の礎を築いたアイルランドの大宣教師。
◯属性:ケルト系修道院長の牧杖、剃髪
(この聖人が守護する対象:アイルランド、スコットランド、特にスコットランドにいるアイルランド人、製本業者、詩人)
(この聖人のゆかり:聖フィニアンなどに学んで、説教・宣教活動を行った。12人の同志とともにスコットランドに渡り、異教の地でピクト族に宣教活動をし、多くの教会や修道院を建てケルトのキリスト教の礎を築き「ピクトの使徒」と呼ばれた。彼は、長身で1マイル先まで声が届いたという)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する