FC2ブログ

天の網のコワさ ・・・☆☆☆

  • 2020/05/09(土) 03:39:04

心が、さもしい人たちがいる。

誰も見ていないときに、他県ナンバーの車に 悪さをする。

悪さをするとき、確かに、人は、見ていなかったのかもしれない。

でも、その 悪事を働く さもしいさまを、

お天道様や、天に棲んでおわす神様、仏様、ご先祖様は、ちゃんと見ている。

天は、そのさもしい者を、しばらく泳がしはするが、

赦(ゆる)しはしない。

必ず、その 悪事の素は、本人の「不徳にある」ことに気がつけ!と謂(い)わんばかりの、天罰を 下す。

昔の人々は、その天罰が、どんなときに、落とされるか、その畏(おそ)ろしさとともに、良く知っていた。

それは、往々にして、

自分が ほどよく幸せを感じだしたときや、

晴れ舞台を迎えようとするときに、天罰が落とされる。

わかりやすく云えば、

「自分の人生が、うまくいきだしたときに、奈落へ落とされる」ような、

それは、それは、畏怖(おそ)れ多き 天罰が 有無なく 落とされるのである。

さもしき者たちは、その畏怖(おそ)ろしき天罰があることを、

誰にも、話してもらえぬがゆえに、悪さを 重ねる。

この、「不徳の致す悪事を働く者」を、決して、天は 決して逃さずこらしめることを、

あの 老子は 2400前に こう言った。

?天網恢恢 疏にして漏らさず(:てんもうかいかい そにしてもらさず:)?と。

みなさん方は、天が、見てくださっていますから 

明るく 笑顔多き「徳」を積んでくださいね。
 
     
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 130 は…  (^∀^)

☆(フィレンツェの)聖アントニノ
この聖人は、非凡な学識と芸術への理解、そして民衆への愛をもち合わせたイタリアの聖人。高熱がでたとき祈願する。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:伊フィレンツェ、高熱に苦しむ人)
(この聖人のゆかり:小柄だったため、小さなアントニオという意味で、「アントニノ」と呼ばれた。学問、芸術に秀でていたため若くして司祭となり、のちにはドミニコ会修道院院長、総長をも務め約40年間奉仕した。教会の改革や、青少年の教育を推進したり、疫病や地震災害のときは、先頭に立って人々を助けた)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する