FC2ブログ

コロナの此岸のな かで ・・・☆☆☆

  • 2020/04/25(土) 02:22:09

きょうは 夕方に向け、雨雲が天をおおっていった。

そのとき、西日がピカーッとさした。

ふと、西日と反対側を見ると、

天にむけ 七色の橋が くっきりかかった。

あまりの鮮やかな七色に、心うばわれ「ぅaaaaa」と、声がもれてしまった。 

大安吉日に、虹を見ると、「智慧」を ひとつものにした、天からのしらせと云われるが、  

もし、それが真(まこと)なら、ありがたや ありがたや。

仏語には、

この世を、欲に まみれた岸であると捉え、

その岸のことを、此岸(しがん)という言葉で表す。

お釈迦様は、自分の命が、あと3ヶ月しかないとわかったとき、
弟子のひとりである おいでもあるアーナンダを呼んでこう言った。

「いいかい、自分自身を よりどころにできる島にしなさい」と。

この言葉を、「自灯明」という。

さらに、
「すべてのものは変化していく。これを諸行無常というが、永遠の真理(法)を理解できるよう、日々、努めなさい」と言い残したそうな。

自分自身という島が、永遠の真理である法という土で盛りあがってできた島なら、

そりゃ、自分自身を よりどころにできるわな。

諸行無常は、今、元気だとしても、何ヶ月先、何年先は、どうなっているかわからない、

だからこそ、今、この瞬間、元気なうちに、

きょうという1日を大事にし、

自分を見つめ、何が、自分に必要か、何は、いらないか、

時代がどうなろうと、コロナが蔓延しようと、

仏様たちや、ご先祖様たちがいる天(彼岸)に往くまで、

常に、一つでも多くの 天が垂らしてくれている「智慧」を
理解しようと、自分を磨きつづけなさい、といいかえてもいいだろう。

空海は、
「自分と、他人と、仏は、ひとつである」と、いった。

ということは、この欲まみれの此岸が大好きな、このおっさんだって

生きながらにして、仏の境地に たどりつけるかもしれない(笑)。

ぜひ、みなさんも、ステイホーム週間中に、「智慧」を理解し、

仏の境地に 立ってみてくださいな◎

    
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 116 は…  (^∀^)

☆(ペルミの)聖ステファン
この聖人は、ロシア正教会で、優秀な司祭。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:なし)
(この聖人のゆかり:ウラル西部に生まれた。宣教師になるための勉強を13年つづけ、司祭となるやふるさとに戻り、地域の人々に布教した。その際、地域の言語用に独自のアルファベットをつくり、典礼用の言葉を教えた)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する