FC2ブログ

「生きるぞ」 ・・・☆☆☆

  • 2020/04/14(火) 04:24:09

今、多くの人が、 
「いつになったら 元に もどるんだろう」

「いつまで、こんな状態が続くんだろう」と、

先が、見えないことで、不安をかかえている。

世界中の人が、個人のメンタルの強さが問われる状態と言いかえてもいい。

本来、人生は、先が 見えないことだらけだった。

第2次世界大戦以後、経済発展し、平和を手に入れた。

おかげで、令和になり、今、戦争を知らない世代が、4世代目に突入しようとしている。

平和を実感できるひとつに、「予定を立てる」ことができる、というのがある。

75年前の多くの大人は、戦争の真っ只中で、
予定など立てられなかった。

そんななかでも、多くの大人が、
自分なりの「なにがあっても生きるぞ」の意思を宿し、
その一点を胸に秘め、毎日を生きぬくほどメンタルが強かった。

だが、平和も 75年つづくと、平和が当たり前となり、
自分のことを自分で決められず、
先が、見えない状況に、不安がつのり、
明るさを失い、ネガティブな思考ばかりして、
自分で自分のメンタルを弱らせてしまう人が、たくさんいる。

コロナに感染したら、すぐ、死ぬわけでもないのに、
「絶望的な心境」になる人もいる。

こんな状況で、明るくなんてなれるかぁーって怒る人もいっぱいいる。

1人ひとりが、コロナ終息まで、

自分の「生きるぞ」を見つめる期間としてほしいと思う。

イライラしっぱなしで逝く、
怒りっぱなしで逝く、
そんな状態で、逝くなんて・・・

願わくば、1人でも多くの人が、

「明るく生きるぞ」と、思ってほしいものである。

 
    
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 105 は…  (^∀^)

☆聖女フーナ
この聖人は、アルザスの修道女。「聖なる洗濯女」と呼ばれたところから、洗濯屋の守護聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:洗濯屋)
(この聖人のゆかり:公爵家に生まれ、貴族フーナヴェイエルのフーナと結婚。貧しい人々のために、汚れた衣服の洗濯を無料で引き受けたところから、みなに親しみをこめ「聖なる洗濯女」と うたわれた)

この記事に対するコメント

明るく生きます!

コロナのニュースで、特に政治家のニュースは嫌気がさしてましたが、あきひろさんのブログやそんな気持ちをぶっ飛ばしてくれ
楽しく過ごすぞ!って気になりました。
ありがとうございます

  • 投稿者: いくえ
  • 2020/04/16(木) 23:08:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する