FC2ブログ

知足安分 ・・・☆☆☆

  • 2020/04/01(水) 04:21:02

知足安分(ちそくあんぶん)とは、足ることを知る者は、常に裕福であるという意味。
(A contented man is always rich)


きょうは、足ることを知らない人に、

この 足るを知ることを、やさしく説いてあげた。

都内は、マスク不足、トイレットペーパー不足が続いているが、

日本中が、不足しているわけではない。

また、他にも、不足ぎみのものは、いくつもあるが、

日本のどこかには、あるのである。

コロナ・ショックで、不安なのはしかたないが、

「トイレットペーパーが手に入らないから」と、

家族に、あたることは、本来の自分をも、自分で失くしてしまうことになる。

ティッシュでもことは「足りる」のだから。

そんな点を、全部で、5つ、

母として、我が子のために、最低限ふんばってメンタルが弱らなかったない点を、アドバイスしてあげた。

この時期、大事なことは、各家庭の太陽的存在の母が乱れないこと。

そして、これで十分ことが足りるという、体験的知識を持つよう、

「こういうとき、どうしてますか?」と、

仲の良い人に、聞いて学ぶこと。

それが、安心を分けることで、起きる「安分」であり、

その「安分」が、自らも、家族にも、明るい雰囲気を生むのである。


    
ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 92 は…  (^∀^)

☆(グルノーブルの)聖ユーグ
この聖人は「グランド・シャルトルーズ会(カルトゥジオ会)」の創設に寄与した ひとり。
◯属性:七星(プレイヤード)、司教杖
(この聖人が守護する対象:仏グルノーブル、頭痛に苦しむ人、熱病に苦しむ人)
(この聖人のゆかり:敬虔(けいけん)な両親のもとに生まれ、道徳心に富み、誰よりも熱心な信仰をもっていたため、27才という若さでグルノーブルの司教に任命され、当時、乱れていた聖職者たちの風紀を改善。聖ブルーノと6人の仲間(七星)を幻視し、修道院をグランド・シャルトルーズの山中に建てた。)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する