FC2ブログ

春の彼岸 ・・・☆☆☆

  • 2020/03/23(月) 01:37:03

きょうは、春の お彼岸期間中、唯一の 大安吉日。

地元の天気予報では、雨が降るかもしれないとのことだったが、

朝から晴れて、1日、雨に降られることもなかった。

そのおかげで、父方のお墓参り、母方のお墓参り、

そして、去年、草葉の陰の世界に、旅立った、

ふたりの おばを、偲べた。

すべての法事を終え、実家の倉庫の片づけを、ちゃちゃとして、
ゆっくりするつもりで始めたら、

これが、なかなかの作業となり、

ここんとこの、断捨離モードの感覚のせいで、

ついつい気合いが入ってしまった。

その片づけ中、おやじの遺していった、釣竿に触った瞬間、
おやじの声がした。

「あほやなぁ、おまえわぁ。お彼岸ぐらい、ゆっくりせぇーや(笑)。
その竿、むちゃくちゃ高いやつやから、大事に扱ってくれよ。
扱うといやぁ、あいつ(お母ん)も、世話やけるやろけど頼むわぃ、
なぁ」

「都合ええこといいやがって」と、おもわず声が出たら、

釣竿が、カタンと傾いた・・・!

あぁ、おやじ、ほんまに、彼岸で もどって来てたんや、と思った。

そういや、お墓洗ってるとき、

墓の裏に掘ってある おやじの名前のとこに、一瞬、スズメが止まって、パッと飛んでったなぁ、あれも、おやじかぁと。

この彼岸、みなさんの周りでも、ご先祖様が、

そばに、来てるかもしれませんよ(笑)。

ではでは。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 83 は…  (^∀^)

☆聖トゥリビオ
この聖人は、ペルーのインディオを、スペイン人の暴虐から救ったペルーの大司教。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:ペルー、ラテン・アメリカ先住民、司教)
(この聖人のゆかり:サレマンカ大学で法学を学び教授となり、その才能をスペイン国王フェリペ2世に認められ、グラダナの宗教裁判の裁判官に任命された。当時、スペイン本国から派遣されていた聖職者や役人たちは腐敗しきっており、インディオ先住民に対するひどい職権濫用は目にあまり、彼は、インディオたちの権利を守るため、インディオたちの言語を学び、権力と闘い、インディオたちを救った)

この記事に対するコメント

ホントですね!!!

あきひろさーん!!\(^^)/

ホントに!ホントに!ホントに!
すごいドンピシャで、さすがです

小さな事なんですけど
父が、呼んでくれた?教えてくれた?
…って出来事があって
あきひろさんのブログ読ませて頂いて
あ!そうか!だからか!
きていてくれてたんですね!
心から感謝して、手を合わせました
これからも精一杯精進してまいります

いつも、ありがとうございます

追伸
先日はありがとうございました!
あの後、熱田さんお詣り行ってきました
いつも教えて頂き心から感謝します
ありがとうございます
長野のしんちゃんさんにお預かりした
あの時の1円玉も、約束通り
熱田さんにお納めして参りました(笑)

  • 投稿者: 名古屋のよしえ
  • 2020/03/25(水) 21:40:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する