FC2ブログ

愚公移山 ・・・☆☆☆

  • 2020/03/20(金) 03:53:08

この、干支はじまりの3月、コロナショックのせいで、 

去年までの、3月とは違い、
または、いつもの年度末とは違い、

日本中が、ザワついている感がある。

都内は、毎日、トイレットペーパーの争奪戦が繰り広げられ、

休校になって3週間目に入ると、子どもたちもメンタル・ストレスの現れとして、あちこちでケンカや小競り合いがおき、

商売人、卸業者、建築業者、興業屋、スポーツ関係者、
運送業、美容師、観光名所(花見名所含む)、家電業界、車業界(自動車学校含む)、医療関係者、保・幼・学校関係者などなど、

それらに、勤める方々は、みんな「なんか、あわてている」状態。

しかたないかも、しれないが、

この前のブログでチラッといったが、
自分ひとりが、あせっても、コロナショックは、おさまらない。

こんなとき「愚公移山」という言葉を思いだす。

読みは、愚公(ぐこう)、山を移す、と読む。

むかしの中国に、愚公という老人がいた。
家の前に、ふたつの山があり、出入りに不便でしかたないため、
ある日、思いたって、息子と孫と3人で山を切りくずしにかかった。
その崩した土を、北の海まで捨てにいくため、1往復するのに半年もかかった。
それを見ていた近くに住む利口者が、大笑いした。
すると、愚公が
「なにを笑っておる。わしが死んでも せがれがいる。その せがれにはやがて孫ができる。その孫は、のちに子をもうけ、子々孫々受けついで絶えることがない。だが、山のほうは、今以上に高くはならん。よって、平らにできないことは、決してないわぃ」と 大笑いして返した。

この愚公の小ばなしは、
長期的ビジョン、先を見通す力、
ゆっくり正確に 事を成していこうとする意志の強さ、
それらの訓え と 智恵が織り込まれている。

あせることなく、先を見通して、
あわてず今、できることを確実にやることが、
結局、事を成す近道なので、

コロナショックのニュースがいくら飛びかおうと、

自分が、今、できること、

それがなにかわからないような人は、

とりあえず、ちゃんと、朝起きて、玄関そうじして、

「家族に、笑顔で、あいさつ」を心がけてみてほしい。

コロナショック以上の、ウィールスが来ようと、

また、もし、陽性になろうと、

家族の行く末につながる、確かな明るき道を 歩めるだろう。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 80 は…  (^∀^)

☆聖カスバート(クトベルト)
この聖人は、いんとん生活を望んだイングランドの司教。船員たちと羊飼いの守護聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:船員、羊飼い)
(この聖人のゆかり:信心深く山で静かに祈りをすることを好んだ。イングランドのメルローズの修道院に入り、院長の指導を受けて司祭となり、院長を助けて教えを説いた。661年ペストが流行し、患者たちを看護しているあいだに自分も感染したが、奇跡的に治癒した。彼の墓では、数々の奇跡が起こり、船員たちは彼を守護聖人としてあおいでいる)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する