FC2ブログ

天網恢恢(てんもうか いかい) ・・・☆☆☆

  • 2020/03/17(火) 03:09:09

天網恢恢とは、「老子・73章」に 出てくる言葉。

天は、何もしてないように見えるが、実は、偉大なことをしている、ということを説いている。

あきひろが、老子のじっちゃんの言葉を意訳すると、

なにごとも、流れに添わず、行き(&やり)過ぎてしまっては、
ついには、人も 自分も良い部分を活かせず、
流れに添った行いは、自然に 人も 自分をも活かす。
この2つ、どちらに利があり、害があるかと言えば、
後者に利があるのは、明白である。
前者は、天の憎むところだが、そのわけを解る者は、なかなかいない。
そのため、聖人であっても、強引にすればできるが、「できる」形だけで、できたあとそれを、続けていくことは、やはり難しいとして行わない。
天が、示してくる道は、あえて争わず、流れに合わせて 自然に勝ち、
なにも言わなくても、相手が、自然に応じ始め、
招かなくても、先方のほうからやってきて、
さっぱり のんびりしていながら、うまく行くよう 
天の流れにのれば、ちゃんと計算されているように事が進む。
天は、常に、わたしたちを見てくださっている。
ならば、天の道、天の流れに 逆らわず、多少、いやなことがあっても無理に逃れようとせず、流れが 揚々となるまで待つこと。
天の網の目は、あらいように見えるが、
実は、決して小さいことも見逃がさず、見ているのである、って感じかな。

もっと簡単に、意訳すると、老子のじっちゃんは、

明るく堂々と、生きよ。さすれば、お天道様に好かれ 
常に、良きほうへ、風の流れを起こしてくださるわぃ と説いたと思われる。

老子自身、その通り、天に愛された 賢人であった。

みなさんの人生にも、それぞれ、いろんなことが起きるでしょうが、

あと少しだけ、あわてず、風を待っていれば、
天が用意してくれた「良いことがあった」のに、
あわてたばかりに、その「良いこと」がある風を逃す人が
ほんとに多いので、ご注意を。

今、あわててもらえる天のカゼは、コロナぐらいやから(笑)


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 77 は…  (^∀^)

☆聖パトリック
この聖人は、アイルランドの守護聖人。ヘビに襲われたとき、その名前を唱える。
◯属性:3つ葉のクローバー、ヘビ、アイルランド国旗である銀地に赤のX十字
(この聖人が守護する対象:アイルランド、ヘビに遭遇した人)
(この聖人のゆかり:アイルランドの海賊に拉致され、奴隷として働かされ、6年後脱走して、フランスに渡り、聖ジェルマンの下で神学を学び、レランスの修道院に入り、のちに司教となり、自分をしいたげたアイルランドにもどり困難をきわめながらも宣教活動をした。伝説によれば3つ葉のクローバーで三位一体を説いたという。アイルランド中部のダーク湖の小島にある洞窟は巡礼地となり、聖パトリック教会(ニューヨーク)は、アメリカ最大の教会となっている)

この記事に対するコメント

あせるなーーッ☆

あきちゃーーんッ!
今の私に大ヒット!のお言葉を、あきちゃんから、ものすごーーーく解りやすく説いていただき、この時期の乗り越え方、過ごし方が ストンっと心の芯に入ってきました(๑>◡<๑)

あせるでないぞ☆
ご先祖様からのお声も聞こえてきました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

あきちゃん!ありがとうございます!!

  • 投稿者: のりこ🌞
  • 2020/03/17(火) 17:11:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する