FC2ブログ

個性のあらわれ ・・・☆☆☆

  • 2020/03/16(月) 04:57:07

コロナで、身を守る、その守り方に 個性がでるなぁと思う。

とにかく、人と できるだけ会わないようにするタイプ。

会社を休めない、用事で外に毎日でるしかないが、外に出るとき、
マスクや、マスクがなければ、マフラーを口を覆うように巻いて、
コロナを吸わないようにしたり、うつされないように意識して、
できるだけ、トイレのたび、また外から帰ったら、その都度、
しっかり手を洗い、うがいをして予防を心がけるタイプ。

コロナだろうが、なんだろうが、目に見えないんだから、
移ったら、移ったとき考えればいいと思って、今までと別に変わらず過ごすタイプ。

ほとぼりが冷めるまで海外や、いなかの山里や、海辺近くの貸し別荘や、ペンションに行くタイプ。

ネットで、コロナの最新情報を確認し、どこが安全か 常に調べ、常に安全なことをやっていくタイプ。

いつも清潔を心がけ、いろんなウィルスや菌に 対応できる栄養をつけ、もし、コロナが身体に入っても、発症しないようにする意識を持つタイプ。

寝不足だと、風邪を引きやすいから、常に しっかり寝て身体をつくって備えておこうとするタイプ。

コロナに効く薬が開発されるまで、1年近くかかるかもしれないけど、
今のうちに、それでも風邪薬のいろんなタイプを買っておこうとするタイプ。

トマトは、とにかく、いろんな病にいいから、毎日、トマトを食べて予防しようとするタイプ(笑)、などなど、

個性ある、しのぎ方が、垣間見える。

昔なら、流行り病が起きて、人がバタバタ倒れだしたとき、

地区に関係なく、誰彼問わず、神社や、お寺に、

「早く、この流行り病がおさまりますように」と、

心から祈願して、ヤマトの民をしのいできたのである。

そのおかげか、今だ、ヤマトの民は、絶命せず、
子々孫々、命を受け継がれて生きてこられていることを、
頭のすみに、忘れないようにしておいて、

決して、損は ないと思う。
 

ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 76 は…  (^∀^)

☆(ケルンの)聖ヘリベルト
この聖人は、皇帝と対立しながら、その「穏やかさ」と「誠実さ」で、皇帝を従わせた、ドイツの大司教。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:雨の被害に苦しむ人)
(この聖人のゆかり:ドイツの皇帝オットーの高官となり、皇帝の友人でもあり、相談相手でもあったため999年に大司教となり、皇帝がイタリアで病に伏したとき、死に立ち会い遺体を国に持ちかえった。次の皇帝ハインリッヒ2世とは対立したが、彼の穏やかさと誠実さに打たれ死の直前和解した。彼自らは、生前から聖人と崇められたが、貧しい人たちに財産を分け与え、1021年天に還った)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する