FC2ブログ

3月の江戸寺子屋 は ・・・☆☆☆

  • 2020/03/15(日) 03:33:09

昼から、いにしえより在(い)る 龍の社に お詣りにいった。

すると、その後、雨から、雪に変わった。

その龍は、北の大地に今も在る龍のため、おしるしとしての雪を降らせてくださった。

ありがたや、ありがたや。

そのあと、急きょ、場所が変わり、渋谷スポーツセンターにて、
3月の寺子屋を開催。

1人ひとり、宿題を聞き、その人に 必要な「ひとつの示唆」を、

言霊を調えて、その人のメンタル向上となるよう言葉添えさせていただいた。

そうしたところ、のこり3名が、時間内に聞くことができず、
場所を変え、言霊を切に添えさせていただいた。

きょうのキーワードは、
4テンポ遅れずに、自画自賛!(爆笑)笑)

このキーワード、来月の寺子屋に、間違いなくつながりますので、
みなも 心して、明日から、実践するように☆

きょうのメンタルを太くしていく、それぞれの実践は、

まちがいなく、コロナにかからない予防にもなるので、

自分自身を叱咤して、実践してくださいね。

コロナは、心のスクワットをしない1人を襲うので、

自分で、くりかえし、くりかえし、

メンタル・スクワットを、きっちりするイメージで
取り組む意識を持つと、良きに働くことでしょう。

とはいえ、なにより大事なことは、明るさを元とした、
基礎◯◯ということを忘れませんように。

みなさん、おつかれさまでした。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 75 は…  (^∀^)

☆聖女ルイーズ・ド・マリヤック
この聖人は、17世紀フランスの女子修道院長で、看護婦の原型となった修道女の「愛徳姉妹会」の創始者。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:看護婦、看護人、社会福祉ボランティア)
(この聖人のゆかり:フランスの貴族の家に生まれ、結婚して1子に恵まれたが夫に先立たれ、未亡人になってから聖ヴァンサン・ド・ポールの指導を受け貧しい人たちの世話をし、内乱が起きたパリで、志をともにする少女たちを集め、訓練と教育をし「愛徳の娘修道女会(姉妹会
)」を創設した)

この記事に対するコメント

3月の寺子屋

3月の寺子屋…
参加出来ず、残念でした。
あきひろさんやみなさんの熱意と笑顔を思い浮かべながら、過ごしていました。
明るさを元にした基礎◯◯…
◯◯は、何だろう?が、私の宿題になりそうです。
次回は参加できるように、コロナが終息することを祈りと予防で乗り越えたいと思っています。

  • 投稿者: さんぽ♪
  • 2020/03/15(日) 07:04:57
  • [編集]

ありがとうございます!

あきひろさん!
皆さん!

この度初めて寺子屋に参加させて頂き
ありがとうございました!
無事に名古屋に戻りました。

あきひろさんの一言一言が心にしみて、
大変良い勉強になりました!!
自画自賛(笑)&心も身体もスクワット!
しかと胸に刻み
加えて日々のルーティングに励み
次なるメンタル向上へ向かいたいと思います。

日頃なかなか日程調整ができないので
今回お邪魔することができて
本当に嬉しかったです!
ありがとうございました!!

名古屋から感謝を込めて!

よしえ

  • 投稿者: 名古屋のよしえ
  • 2020/03/15(日) 07:48:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する