FC2ブログ

信じて、任す練習 ・・・☆☆☆

  • 2020/03/10(火) 05:13:06

人を信じる力は、

自分自身を、どれだけ「信じることができるか」に、かかってくる。

多くの場合、自分が しょっ中ミスをしていると、

そのたび「自分はダメなところがあるから、しっかりしてる人に頼もぅ」となる。

だが、これが、「自分を信じられない行為」の現れとなり、

人も、わたしと同じように、ミスしたりするところがあるからと、

人を信じるとき、信じられるか、信じられないか、

自分を信じていない自分が、推し量ろうとする。

結果、人を信じきるに至らず、

人を信じる力が伸びず、猜疑心の芽を、知らず知らず伸ばすことになる。

そうすると、人に任す力も、同時に、育たないため、
人に、任すことができない。

さらに、人に任すことができないまま、人生を経ていくと、
ついには、我が子でさえ、任すことができず、
老いて体力がないときに、無理をして、身体を病み、

結果、家族に迷惑をかけまくる。

そうならないために、
自分を信じられなくても、自分よりましと思える人に、
体力があるうちから、

人にお願いすることを練習したり、
人を頼ることを練習しておく必要がある。

人間は、1人じゃあ生きていけないことを、しっかり自覚して、
少しの勇気を出して、やってみてほしいと思う。

でないと、後手後手にまわり、のちに、ぐっちゃぐちゃになり、
人生で、めちゃくちゃ困りますから。
  
ではでは。 


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 70 は…  (^∀^)

☆聖ドメニコ・サヴィオ
この聖人は、15才で亡くなったイタリアの少年聖人。
◯属性:なし
(この聖人が守護する対象:少年聖歌隊員、コーラス歌手、少年、少年の軽犯罪)
(この聖人のゆかり:初聖体拝受のとき「罪を犯すくらいなら、死を選びます」とこたえた。10才のときストーブに石と雪を詰め込んだと神父にとがめられ、無実の罪を着せられたがイエスを思い耐え、12才でドン・ボスコのサルジオ会に入り聖母マリアのため熱心に祈り、15のとき肺炎で亡くなった)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する