FC2ブログ

神様は、真に が んばっている人に奇 跡(ちから)を授 ける ・・・☆☆☆

  • 2020/03/07(土) 04:11:03

瀬戸内からの青空が、海の青とコラボして、
むちゃくちゃキレイだった。

昨年、ぼくを 招いての会を開く直前、
緊急手術を、受けるような病を患い、

そのあと、ツラい、リハビリを毎日がんばっていたものの、
何度も、くじけそうになり、

「もぅ、無理」と完全に、あきらめたとき、
このおっさんのブログをみたら、

今の自分に、ぴったりのタイムリーなことが書いてあり、

新ためて、
よし、やっぱ、あきらめちゃダメだと奮起して、

さらに、おっさんに言われた神社に、お詣りに行った帰り、

家族と、レストランに入ったとき、「奇跡」が起きた。

なんと、それまで、車いすから立つのも、震えながらやっとだったのに、
すっと立てて、さらに、レストラン内のトイレまで普通に歩けた、という。

本人いわく「あの日、突然、歩けるようになったとき、あぁ、神様ってほんとにいるんだぁ」と、思ったらしい。

そんな人生ドラマを経て、めでたく、このおっさんを呼べる会を、

このコロナで、人が集まるような催しを控えるよう自粛モードのなか、

あのときのツラさを思えば、コロナなんてへっちゃらと、

おっさんの会を、なにがなんでも開いて、

元気と、神様的エネルギーをわけてもらいたい とのことで、

定刻となり会を始めようと、あいさつをするため前にでて、ぼくを見た瞬間、感極まって、泣きくずれたので、

ぼくが、
「えぇ、みなさん、この会のボス的存在の、W◯子こと、カツオのたたきは、今、完全に、コロナウイルスにかかったみたいなので、きょうは、これにて解散」と言ったら、大大大爆笑)笑)笑)))))

笑いがおさまって、カツオのたたきが
「失礼しました。あきひろさんの顔みたら・・・♪う、うっ、うふぇ~ん」と、また泣きだしたので、

「おまえ、すぐ、頭、見てもらえ!誰かぁ、救急車呼んだげてー」と大声で言ったら(超大爆発大爆笑))))

そんな感じで会が始まり、「自分の身に突然、想像もしないことが起きたとき」について、おはなし。

最後に、カツオのたたきを含む、みなさんに、訓えとなる
特別な絵本を1冊 読ませていただき、おちぃーまぃ。

みなさん、おつかれさまでした。

最後に、カツオのたたきぃ、

まぁ、日重負下通(かちょうふうげつ)では、日に日に邪気おびるだけやから、

ほんまに、花鳥風月を愛でて、神様の声聞いて、
次なる奇跡(強さ)を授けてもらいなさぃ◎


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 67 は…  (^∀^)

☆聖女ペルペトゥア と、
 聖女フェリチタス
この聖人らは、ともに、3世紀初めに北アフリカ(カルタゴ)で殉教した、初期キリスト教徒。
◯属性:ペルペトゥアは、雄牛、銀の梯子の周りを回っている金のドラゴン
フェリチタスは、雄牛、銀の刃の金の剣 
(この聖人が守護する対象:ペルペトゥアは、なし。
フェリチタスは、お手伝いさん)
(この聖人のゆかり:ローマのキリスト教 迫害時代、4人の男性と、2人の女性が捕らえられ、その女性のうち1人が、貴族出身で出産後すぐのペルペトゥア、もぅ1人は女奴隷で妊娠中の少女であったフェリチタスだった。ペルペトゥアとフェリチタスは、「あなたは私たちを裁くが、神はあなたを裁くでしょう」と言い残し、闘技場で待つどうもうな雄牛の前にでて、突き上げられたが、手を取り合ってたちあがったら、最後は、ノドに剣を突かれ殉教した)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する