FC2ブログ

用心 ・・・☆☆☆

  • 2020/03/01(日) 03:10:06

きょうで、2月も 最後だった。

この2月は、ここ5年を 振り返ってみても、

トップに感じる 早く過ぎさりかたである。

今年の2月は、うるうで、1日余分にあったというのに、

他の月の、2週間分ぐらいの感じで あっという間にひと月が過ぎていった(笑)。

結局、2月に残ったイメージは、コロナウィルスだけの人も多いんじゃないかと思う。

あしたから、3月だが、いや、すでに、この時間 3月1日だが、

この干支始まりのねずみ年の1月、2月の流れをみると、

干支始まりの2ヶ月で、こんなに、いろんなことが起きたのだから、

一年を通して、しっかり「用心」しておいていいだろう。

いつもの3月は、受験あり、
合格したらしたで すぐ引っ越しあり、
卒業式あり、
新学期の準備あり、
春のお彼岸あり、
春の甲子園、
プロ野球開幕、
確定申告あり、これは関係ねぇかぁ(笑)、

それらが、すでに中止になったり、
どうなるか、予測できないことなど、

おっさんの人生を振り返っても、

誰も責められない 初ものだらけ。

まだまだ、なにが起きてもおかしくない、ねずみ年。

そんな年に、オリンピックが予定されている。

はたして、予定通り、開催の運びとなるか、

ギリギリまで、わからないだろう。

もし、中止になれば・・・

前回のリオからの この4年の 各方面で 骨を折って工面してきた苦労は、一つも浮かばれない。

予定通りにいかない このねずみ年、

今まで愚痴を、こぼしてきた者は、バチがあたったかのように、その波にのまれ、

愚痴をこぼすことなく、一つづつ自分なりに、やることをやってきた者は、不思議と、難なく平時でいられる形となり、 

歳神様のご利益が授かる者と、授からない者と、はっきりわかれそうである。

一人ひとりの、臨機応変力が 本年ほど、問われる年はない気がする。

神様、人間を、ふるいにかけるにしても、

どうか どうか お手柔らかに、お願い申し上げます。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 61 は…  (^∀^)

☆聖ダヴィッド(デイヴィッド)

この聖人は、ウェールズと、ケルト人の守護聖人。
◯属性:金色の後光に つつまれた白いハト
(この聖人が守護する対象:地域、職業、病気、災害)
(この聖人のゆかり:司祭となり10年間聖書の研究に没頭し、12の修道院を建て、エジプトの修道士にならい、パンと野菜と水だけで過ごした。そのため「水の男」と呼ばれた)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する