FC2ブログ

人、元気、カラシが キーワ ードになった日 ・・・☆☆☆

  • 2020/02/22(土) 04:12:07

澄んだ青しかない空の下を走り、久留米へ。

そこでは、人との、一つの出逢いが、

この おっさんを ぜひ わたしに紹介してほしいという人を引き寄せることになった。

時間いっぱいまで、おはなしして、すぐ、次へ。

熊本は、菊池に寄り 
被災以後、生きる活力がなくなったものの、
少しづつ 活力を取り戻し始めた、
おじちゃん、おばちゃんに、
元気づけの読あそびを かましにいった(爆笑)笑)。

会の締めで、
みなさん、きょうの大笑いの活力を忘れずに!と、コーヒーで乾杯。

帰り際、「また、きんしゃってー」と見送られ、次へ。

夕方、西の空が、オレンジに染まる むちゃくちゃキレイなゆうやけを右手に見ながら 八代へ。

着いてすぐ、受験生の我が子をかかえる お母さんたちに、
「良いプレッシャー 良くないプレッシャー 」と題して、おはなし。

良いプレッシャーは、ほどよい緊張があり、その緊張が、実力以上のものを引き出したりする。

また、赤ちゃんの罪のない無垢な笑顔を見たとき、
「この子、なんてかわいいの!この子のためなら、なんだってしちゃう」って感じで ピュアなものが、身体から みなぎってくるような ある良質のエネルギーも発生させてくれる。

一方、良くないプレッシャーは、

眉間にシワを寄せた顔を 見ただけで、
身が縮まったり、
おでこ、鼻のあたま、手、わき、奥えりなどに シトッとした汗が にじみ出てきたり、
身体に緊張感を走らせられたりする ☆☆☆

その体の状態が、良くないプレッシャーの スイッチを押す。

そんな良くないプレッシャーを かかえながら
仕事をすれば、ミスが起きて当然だし、

試験 当日を 迎えても 実力をフルに活かせられなくて当然となる。

我が子が 試験に臨む当日の朝、

できるだけ、我が子が、試験会場で、良いプレッシャーの状態で、

各科目の答案用紙と向かい合えるよう

母として、良いプレッシャーに包んであげるには、

なにをしてあげればいいのか、

どんな言葉かけがいいのか、

言葉を、
ジャコおろし、
イチゴショートケーキ、
そして ざるそばの3種類に分け、おはなし させていただいた。

みなさん、「あまみは引くから、足す」の精神を忘れずに。

決して、カラシは、使っちゃダメですよ。

カラシは、おでんのとき に! 

カラシは、まくらに、塗りつけるもんやないからね(超超超大大大爆笑))))))


きょうは、移動しては おはなし、移動しては おはなしって感じで、

1日で、3国を 巡った感じ(笑)


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 53 は…  (^∀^)

☆(コルトナの)聖女マルガリータ

この聖人は、絶望しながらも、自分の罪を悔いて更正した娼婦たちのために祈り、復活したキリストを幻視した聖人
◯属性:マント、書物、贖罪を示す鞭、頭蓋骨、子犬
(この聖人が守護する対象:娼婦)
(この聖人のゆかり:貴族と知り合い、一児をもうけながら結婚せずにいたところ、その貴族が殺害された。絶望して、実家にもどろうとしても拒否され、フランシスコの第三会に引き取られ、真の愛と心の平和を取り戻し神への祈りの生活に入り、2度とすまいと決意した者たちの立場で祈り、多くの娼婦や罪人を回心させた。)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する