FC2ブログ

心に沁みるあったかさ を味わう・・・☆☆☆

  • 2020/02/16(日) 06:50:09

閉店間際の 食堂に 入った。

そしたら、
「もぅ、閉店なんですー、ごめんなさいねぇ」と、年の頃40手前風にみえる女性に言われた。

「いやぁー、豚汁の残り汁と、おひつの底にこびりついてる ご飯つけてもらうだけでもええねんけど」と言ったら、

その40手前の女性と、その奥にいた 60すぎのおばさんが、大笑いして、

その60すぎのおばさんが、
「どっから 来たと?大阪?」と聞いてきたので、

「いや、こう見えても、東京シティボーイなんよ」

「がはははぁ おもしろかね、お客さん。わかった、笑わせてもらったけん、お礼に、注文いいとよ」と言ってくれて、

「ほな とんかつ定食豚汁で ご飯大盛に、キムチつけて」と言ったら、

「はぁーい、トン定ね」と言って、厨房に入って言った。

そのあいだに、40手前の女性が、おもての暖簾を引き上げに言った。

しばらく待ってると、
60すぎのおばさんが、「はーい、お待たせ」と言ってトン定を運んできてくれた。

ここのトン定は、ほんとに うめぇー から ものの5分少々で食べてしまい、「ごちそうさまぁー」と言ったら、

その60すぎのおばさんが、
「あっという間に、食べよったね(笑)」

「ごちそさん、いやぁー、ほんまにうまかった」と言ったら、

「これも、食べて」と言って いちご大福を持ってきてくれて、

えって顔して、おばさんの方みたら、

「デザートったぃ、うちも、食べよるたぃ」と言って、いちご大福を、

おばさんと、40手前の女性と、わぁわぁ言いながら 食べた。

40手前の女性は、そのおばさんの娘さんだとわかり、

おばさんは、その娘さんのお母さんだということもわかり、

帰りがけ、2人から、言われた。

「また、閉店間際に、来よって(笑)」と。  

小さな食堂で、トン定と、あったかいひとときを 味わえた。

ごちそうさまぁー(笑)。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 47 は…  (^∀^)

☆聖女ユリアナ

この聖人は、激しい拷問にも 悪魔の誘惑にも耐えたトルコ・ニコメディアの殉教処女。
◯属性:剣、鉢、鎖
(この聖人が守護する対象:カナダ・ケベック州の町サント・ジュリエンヌ、妊産婦)
(この聖人のゆかり:牢に入れられたとき、天使に変装した悪魔が、サタンのもとからやってきて、彼女を誘惑したが、神の力を借りて悪魔と戦い、これを縛り上げ打ち勝った)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する