FC2ブログ

ちょっとしたことに対する わ たしの心の在り方 ・・・☆☆☆

  • 2020/01/29(水) 03:56:09

チーム 神のおつげを聞きたいの の みなさん おつかれさまでした。

キーワードは、

わたしは、わるくないと思う、その心の在り方が、悪いの!(笑)です。


もぅ一度 強調しておきます。

わたしが思うところは、たしかに わるいことはしてないけど、

神様から見ると、その思うところまでの、わたしの行いには、

目にあまるほどの粗野な言葉、自分勝手な行動の数々。

気持ちの持ち方にしても、

考え方にしても、

心の在り方にしても、

どれも、バチあてたろか!ってレベルです(笑)。

バチが当たらないのが、不思議なほどです、ほんとに。

バチが当たらないうちに、自らの行いを見つめ

ちょっとだけ、愚痴を言わないようにする、

ちょっとだけ、
わたしも、どっかで、気がつかないうちにワルいことしてるかもしれないから、人のこと言うの止めとこって思うクセをつける、

ちょっとだけ、わたし自身、
ほくそ笑むという 笑みから 
きょうのような ありがたい話しを聞きにきたのに、
心の芯から つい笑っちゃったっていう
ピュアな「笑み」に、
一日一回なりたいなぁと 思ってくださいな。

このネズミ年、ネズミサイズの、ちょっとしたことを
自分で自分に「本気で取り組む」姿勢が、福を呼びますから。

ちょっとのことを おろそかにしてたり、めんどくさがったりしないように。

もし、「そんなの決めたって意味ないし。そんな福なんてこないし」って思ってる人は、どうぞ どうぞ そのままの心の在り方で日々を送ってくださいな。

「福」が「魔」に変わり「なんで、こんなことが・・・」ってことが起こってからわかるでしょう。

いや、起こったとて、その心の在り方のままじゃ わかんないかぁ(笑)



ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 29 は…  (^∀^)

☆(賢者)聖ギルダス

この聖人は、英国初の、キリスト史を 教訓的に著したことから「賢者」の称号を受けた。
◯属性:なし 
(この聖人が守護する対象:ウェールズの歴史家、ベル職人)
(この聖人のゆかり:「ブリタニアの滅亡と征服に関して」と呼ばれるこの書は、当時の状況を知る貴重な資料)                    
  

この記事に対するコメント

引き締めます

気持ちに余裕がなくて
他人のせいにする思考になっていました。
今日は大安なので
切り替える為に‼️
改めて‼️氏神さまへ詣りに行きます。

  • 投稿者: まめぞう
  • 2020/01/29(水) 09:57:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する