FC2ブログ

空気が、うめぇな ・・・☆☆☆

  • 2020/01/18(土) 05:42:03

朝から 日差しが まぶしかった。

その まぶしさと ともに 冷えを和らげる あったかさが、体を 包みこんでくれた。

深呼吸。 うん、空気が うまい。

この空気を、うまいと感じる、吸い方をしているか、いないかで、

むかしの人たちは、

自分の肺の中に入った空気は、性質を変えると思っていた。

空気が、うまいということは、すなわち、健康な状態であり、

うまいは、上手い と書くため、うまければ、うまいほど、

上手にいく、と 解釈し、

うまくないと感じた場合、万病のもとと云われる、カゼを引いている可能性が高く、

こんこん と セキをすればするほど、

根根(こんこん)と、上手から、木の根のほうへ、魂が、さがり、

地中のどこかにあると云われる、死者の国、
根の國に、誘われいる、と解釈したほどである。

空気をいくら吸っても、うまく感じないとき、

むかしの人たちは、

根の國には、行きたくないので、こう言った。

天病天(てんやむてん) と。

これかまなまって、ついに、てやんでぃ、となる。

ちょっとした、冬の小咄でした (^-^)


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 18 は…  (^∀^)

☆聖女マルガリータ

この聖人は、ハンガリーの王女だったが修道女として一生を貫いた。
◯属性: バラ、 花かざりが先端についた十字架
(この聖人が守護する対象:なし)
(この聖人のゆかり:結婚の申し込みをすべて断り、一生を神に捧げると誓いなにも食べず28才の若さで亡くなった)                    
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する