FC2ブログ

煩悩を 削ぐ     ・・・☆☆☆

  • 2019/12/19(木) 06:34:07

きょうは、朝から、すじ雲が、いくつもあるものの、青空ものぞく はれ。

人は、日々、選択の連続に 追われながら生きている。

その選択で、思っているような結果が出たときはいいが、

思った結果がでなければ、

でない数だけ、煩悩が増える。

現代人は、この煩悩を、日々、増やしながら、生きているともいえる。

そうすると、1年365日、1日1個あるとすれば、

この師走の時期、ほとんどの人は、300個以上の煩悩を

目には見えないが、身体のどこかに抱えていることになる。

その煩悩を、できれば来年に、持ち越したくない。

その思いさえ、まちがいなく、「煩悩」なのだが(笑)、

その煩悩を、グッと減らせる、昔から伝わる日々の所作に、

玄関をそうじする、クツをそろえる、水をうつがあった。

それが、現代人の場合、時間に追われ、

忙しいからと、職場においての責任感だけ強く、

いにしえから、守られてきた、各家ごとのしきたりには、
まったく責任感を、活かしきれなくなりつつあるため、

現代人の日々は、「煩悩」が、溜まる一方である。

そのくせ、忙しい、忙しいといいなごら、年末のおおそうじはしないくせに、

誕生日や、ハロウィンや、クリスマスごとの、手間がかかる用意は、
せっせとやる時間を、忙しいながらも、ちゃんと都合よく取れるのだから、
「煩悩」は、余計溜まる。

令和時代は、この調子でいけば、煩悩だらけの社会となり、

まさに、地獄の亡者の遠吠えに似た、この世での生き地獄を、5Gで展開していくことだろう。

そんな世になろうと、「煩悩」を削ぐ、しきたりを、きちっと、日々、やる人に、

福の神が ほほえみ、しあわせのご利益を授けるにちがいない。


大笑いは、煩悩を絶つ、大鉈(おおなた)となる ・・・ (^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ジョウビタキ(2回目)  吉鳥ことば・・・しきたり                         
  

この記事に対するコメント

大大大大大感謝です…😆💕✨

あきひろ先生、ありがとうございます。。。

 私は中・高校生の頃から、迷った時には大変な方を選ぶようにしてきたので、まさに煩悩の塊でできているようなものです…😆💦

辛い思いや苦しい思いを経験することは、人間を豊かにすると…信じて生きてきましたが、必要なかったのかなぁ…。

朝日を浴びて、玄関を掃除します❗
夫にも靴を揃えるよう…😵💨気付いた人が揃えるようにします❗
水を撒きます❗
どの部屋にも注連縄を飾ります❗
どの部屋にも鏡餅を飾ります❗
仕事や介護や夫や体調を言い訳にしないよう努力します❗

  • 投稿者: きたぴょん
  • 2019/12/20(金) 00:12:32
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する