FC2ブログ

四十九日が、天晴の良き日 に、恵まれた・・・☆☆☆

  • 2019/12/16(月) 02:58:02

きょうは、天 全体が、1日「青」のグラデーションが、見れた 快晴。

そんな快晴の大安吉日に、おばの四十九日の法事を、執り行えた。

一族みなで、より、阿弥陀如来様のもとへ、向かっていただけるよう、

和尚さんと一緒に、お経を あげさせていただいた。

四十九日のお経は、大事な節目のお経だけあって、
いつも、より長い お経だったが、無事、務めあげることができた。

夕方の夕焼けを見たとき、

おばの声で

「あっちゃん、無事、この あかね色の光に乗れたからねぇ」と、

西方浄土から届く、如来様の光が、いつもより、赤みがかった色に感じた。

夜、和尚さんが、おばに、つけてくれた法名を、まじまじとみながら、

親鸞聖人が残してくれた、正信偈(しょうしんげ)の中の、

意味の深い、念仏単語を、つけてくれたことに気がついた。

いい、法名を、つけてもらって、ほんとによかったね、
や◯ちゃん。

向こうで、おじいちゃん、おやじ、く◯ちゃん、ふぅー子さんに、
よろしゅうに。

合掌


無量寿如来も、南無不可思議光も、阿弥陀様の別称だが、

その名を称(とな)えるだけで、
「真実の依りどころに立たせていただく」との意味があるのである ・・・ (^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ マナヅル(2回目)  吉鳥ことば・・・よりどころ                         
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する