FC2ブログ

日保協の保育のプロのみ なさんと ・・・☆☆☆

  • 2019/11/28(木) 09:35:07

きょうは、 朝から 1日 くもり。

午前中、ハ◯やんと、安住神社へ、お詣り。

そのあと、pm1:00~3:30すぎまで、

栃木県日本保育協会主宰の研修会にて、

保育のプロのみなさんに、おはなし。

令和は、より大人が、職場で、家庭で、近所で、人とのつきあいで、ストレスを抱える時代となるだろう。

それは、保育のプロのみなさんも、気をぬけば、例外なく、
保育をしながら、ストレスを抱えることになる。

そのストレスは、また、ひとりの女性として生きていくとき、負なる要素となり、不満や愚痴や文句を生む。

そんなストレスを抱えないよう、または、できるだけストレスが軽めですむよう、

保育のプロとして、「当たり前」の視点と、考えと、学びについて、
前半は、言魂を飛ばし、

後半は、多少、保育のプロの前に、
女性として、知っておかなきゃならないことを、少々(笑)、

そして、絵本で、笑顔になっていただくため、

4冊ほど読ませていただき、

笑いながら、保育のプロとして、明日からのクラスの子どもたちに、

絵本を、日常で活かす やり方や、
いくつかの幅の広い、ものの捉え方をしてもらえるよう、

小咄や、しきたりや、云われを、ちりばめ 言魂を飛ばさせていただいた。

みなさん、長時間でしたが、最後まで聞いてくださり ありがとうございました。

キーワードは、
「ぼくたちに、ごめんねって言ってるのかもしれないね」です(笑)。


子どもたちが、どれだけつたない言い方や、こちらが言うことがわからなくても、そこを、「それで、いいんだよ」と言ってあげられることで、感受性を育んであげられるのが、保育のプロです ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ クロガモ(2回目)  吉鳥ことば・・・確かな足跡                          





                  

この記事に対するコメント

魂…痛かったです…😆💕✨

先日は、ありがとうございました。
魂わしづかみにされ…これでもかと止むことなく響いてきました。私のちっぽけな魂だけでは受け止めきれず、身体が震えました…。涙がでました。。。20代前半からいろいろな場所で読み聞かせをさせて頂いて、気づけば30年を過ぎていました。。。。なんとなくのモヤモヤをものの数秒でぶち壊してくださいました。勇気がでました。

そうだ…母に会いに行く時には、着替えとお茶と饅頭と…あの頃母が読んでくれた絵本や童話を1冊…。

  • 投稿者: 北井晴美
  • 2019/12/01(日) 09:29:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する