FC2ブログ

その相談に、名僧の智恵 を活かす ・・・☆☆☆

  • 2019/11/22(金) 03:41:06

今日は、 水平線から、朝日がくっきり昇り、そのまま、晴天となった。

北風は、きょうは、お休みしてくれたので、ほどよい あったかさだった。

そんな気候の良い日に、
「怒っちゃいけない、冷静に、我が子に接しなきゃと思いつつ、
我が子が、無理を言い出すと、いつの間にか、怒り口調になり、ついには、また、怒鳴ってしまう を、こんな自分は、どうかしているんでしょうか?あきひろさん」という、◯さ◯ちゃんと会った。

そんな、◯さ◯ちゃんに、

江戸時代の臨済宗の名僧中の名僧、
心は、死にも生まれもしないという「不生禅」で、
庶民に、わかりやすく禅の訓えを説いた、盤珪(ばんけい)の 小話をしてあげた。

盤珪に、あるとき1人の僧が相談にきた。
「私は生まれながらに短気で、どうすれば良いでしょう」と。

盤珪は、
「では、生まれつきというなら、その短気を今すぐ、私に出してみなさい」といい、

「今は出ません。なにかの拍子に、ひょいと出てくるので」

すると盤珪は、
「なにかの拍子に、ひょいと出るなら、生まれつきではない。つまり、ことが起きたとき、その種類の案件によって、こういうときは、こう考え、こういう気持ちになろうと、そちの頭が勝手に指令をだしているにすぎない」と。

◯と◯ちゃんも、同じく、怒りたくないといいながら、怒ってすっきりしようと頭が、勝手に指令をくだしているにすぎない。

それなら、盤珪の禅の訓えを学び、このおっさん坊が、
「最初から、笑顔で、これ以上無理をいったら、お母さん、怒るのを通りこして、泣いちゃうと言って、我が子が無理をし続けたら、ほんとに泣くか、泣きまねをして、我が子が、無理をやめたら、お母さんをなでなでしてっていってみぃ」と説いてあげた。

自分が、いつも、思考していることが裏目に出るなら、
やったことがないことを試して、表目が出るように、いざなうのが、
親の智恵である。

そのあと、◯と◯ちゃんに、釘さし言葉を3本うちこむと、

「ほんとに、名案の訓え、ありがとうございました」と、
笑顔で帰っていった。


我が心は、無心を軸に、簡単な思考の渦から、試しそうとする ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ヘラサギ(2回目)  吉鳥ことば・・・ 天の名案                          





                  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する