FC2ブログ

参りました、と 脱帽の、さ んま定食(笑)・・・☆☆☆

  • 2019/11/17(日) 08:44:06

今日は、青空が、一つの雲さえ、浮かぶことを、
ゆるさないわょってぐらい、1日、天が青のコントラストを楽しんだ 快晴◎◎◎

港町の駐車場で、待ち合わせし、出逢ったとたん、

「おいしいもん食べにいきましょ」て、小さな食道に、誘われて入った。

店のなかに入ると、今は、これを頼んでくださいと言わんばかりに、

☆旬の さんま定食 680円☆ と、手書きで張ってあったので、

それを頼んだ。  

そしたら、皿に3尾も、さんまがのってきて、

ほんとに、うめぇーもんを味わえた。

この680円は、むちゃくちゃ安い。

美味くて、安くて、ハンパない量の定食となりゃ、

客が、ぞくぞくと入ってくるのは 当然。

店を出たら、40ぐらい待っていた。

うまいものを、この食欲の秋にら味わえると、

今も、あの さんま定食の味が、全身を満たしている。

その さんま定食を、作っていた、おばあちゃん2人組をみて、

今年、逝った 2人の おばを、思いだした。

あの おばも、オレのために、愛情あふれる いろんな味わいを
ふるまってくれていたからである。

世の母のみなさん、この秋、おふくろの味で、

我が子のお腹を満たしてあげてやってくださいね。 


おふくろの味が、沁みるのは、隠し味に、「愛情」というダシに、おもいやりを沁みこませてあるからである  ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ キジ  吉鳥ことば・・・ おふくろの味                           





                  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する